So-net無料ブログ作成
検索選択

The Dead Daisies LIVE&LOUDER TOUR2017 @SHIBUYA QUATTRO [音楽]

去年のラウドパークでDMLの次に気に入っちゃったバンド、「The Dead Daisies」!
ついに来日したので、行ってまいりましたよ。
IMG_5467.JPG
場所は、渋谷クアトロ。ちっちぇ~(^^;
先日のドラゴンフォースといい、なんで・・・と思わないこともありませんが、これもご時世なのか。
でも、そのおかげでむっちゃ近くで、ものすごい人たちが演るのを観れるのでありますから、まったく文句はありません。
バーにも寄らず、上手スピーカーの前辺りに陣取ります。女性比率が非常に高い。モトリーのファンなのかな?
IMG_5468.JPG
去年知ったばかりのニワカですが、調べてみるとオリジナルメンバーはデイヴィッド・ローウィー(g)1人しか残ってないのですね。
オーストラリア出身の人らしいですが、それ以外はむっちゃ有名人で固められたバンドであります。
body_195405.jpeg
voは元モトリー・クルーのジョン・コラビ
gは元ホワイトスネイクのダグ・アルドリッチ
bはブルーマーダーやホワイトスネイクのマルコ・メンドーサ
dsはホワイトスネイクやスラッシュズ・スネイクピットのブライアン・ティッシー
前にも書きましたけど、ホワイトスネイクはあまり好きじゃないんですけどねw
ジョン・サイクスのブルーマーダーはもう超大好きバンドです。

なにゆえに、デイヴィッドさんがこんな恐ろしいほどのおっさん達と一緒にやっているのか訳わかりませんが、ライブを見ていると、サイドギターに徹しているこの優しそうなお爺ちゃんの人柄が、こんなあっという間に分解しそうな猛獣おっさん達を結びつけているような気がしました。

で、ライブでありますよ!
去年より、もう一回りも二回りもデカくなったようなステージングでした。出足から客席は盛り上がって、その後一度も下がることなくエクスタシーの極みへ・・・
IMG_5470.JPG
ラウパでも感じましたけど、ボクの考える良いハードロックを具現化するとこうなる!ってライブでありまして、お客を楽しませることに全身全霊を捧げているプロフェッショナルな職人さん達の仕事ぶり!もう楽しくて楽しくて、あっちゅう間の2時間でありました。

ジョン・コラビの盛り上げの上手さや、ブライアン・ティッシーのパワードラムはもう凄すぎて、特にドラムはもう筋肉大勝利!
華奢な東洋人には絶対に無理です。ボンゾみたいな素手ドラムもやりましたけど、けっこう長時間凄まじいスピードとフルパワーでぶっ叩いて壊れない手!どんだけ皮が厚いんだ?って話ですよ。
そもそもスティック使っても、あのパワーでずっと叩いたら手の指がマメだらけになっちゃう・・・

得意のスティックをヘッドで跳ね返らせて飛ばす技も披露してましたが、いかんせん天井が低いので照明に当たってどっかにすっ飛んでいってしまうので、すぐに止めてました。
低い方のフロアタムに水(もしかしたら汗)撒いて、ぶっ叩く度に飛沫がブワ~っと飛んだり、スティックのチップの破片が余りのパワーに砕けてピンピン飛んでいるし、曲途中でスネア交換してましたw
まさに正統派ロックドラマーの鑑!もうブライアン・ティッシー見てるだけで元とれますw

そしてとにかくライブに客を参加させる。メンバー紹介タイムにはラ・バンバまで歌わせられました。
古いハードロックのカバーからニューアルバムの曲まで、全ての曲のスタイルは70年台ぐらいのHRです。けれど、技術は今時なので若者も楽しめてるのかな・・・
古い曲を古いままで演られると、やはり僕も途中で飽きますが、このバンドはそれがない。ライブの最初から最後まで、ず~っとアホになれる稀有なバンドです。しかもメタルじゃないので、ホンワカと平和な客席でありました。

最近、グランドファンクの名曲をカバーしたのですよ。グランドファンクなんて名前を聞く事自体が何十年ぶりかな。後楽園ライブのとき僕は中学生だったですわ。超懐かしい・・・

https://www.youtube.com/watch?v=SoOLC54OK7w
最後に一言付け足すなら、この人達の真価はライブを観ないと分からんです!スタジオ録音では、まったく見えてこない彼らの楽しさをぜひ現場で!
IMG_5483.JPG
このツアーでは、ヨーロッパたくさん回って日本から南米アメリカカナダ!でもyoutube見ると、日本の客が一番盛り上がっていたみたいな気がする(^^;
彼らには毎年来日して欲しいので、ファンになってくれる方を絶賛募集中です(๑•̀ㅂ•́)و✧

ライブCDが出てます。DVD付きもありますが、インタビューとドキュメントなので、なくてもいいかと・・・両方タワレコで売ってます。

The Dead Daisies LIVE&LOUDER TOUR2017 @SHIBUYA QUATTRO 2017.7/5 セットリスト

1.Long way to go
2.MEXICO
3.Make some noise
4.Song and a prayer
5.Fortunate son
6.We all fall down
7.Lock'n load
8.Last time I saw the sun
9. Drum solo
10.Join togther
11.All the same
12.With you and I
13. Band intros
14.Mainline
15.Helter skelter
16.American band
17.Midnight moses

E1.Highway Star

タグ:クアトロ
nice!(14)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Amuse Fes in MAKUHARI 2017 [さくら学院]

怒涛の3連続投稿でありますw

6月4日にアミューズフェスなる音楽フェスに行ってまいりました。
IMG_5424(1).JPG
芸能事務所アミューズに所属するアーティストが集まるフェスなのですが、今年はなんと!さくら学院が出ることになったのでありますよ。これは行かねばなりません。

それ以外の出演者については、藤原さくらとPerfumeを除けばまったく未知の世界です。
ただ、会場が幕張メッセでありまして、知り合いにPTA(Perfumeのファンクラブ)先行で取ってもらったチケットはアリーナ席。席と言ってもオールスタンディングでありまして、更に指定されたゾーンに限られます。フェスなのに?
幕張って広大な真っ平らでありまして、後ろの方はほぼ何も見えない。チケットはDゾーンという微妙な位置・・・

ですので、基本1回入ったらずっと立ちんぼで場所変えたりビール飲みに行ったりということはほぼ絶望的なので、15時のさくら学院まで体力を持たすにはゆっくり入らないとダメよね!ということで、10時の開店と同時に駅そばのサイゼリアに入ってビールと生ハムで友人たちと乾杯しておりました。
IMG_5426(1).JPG
14時近く、もういいかげん酔っ払っちゃうから行こうかということで、WEAVERがやっているところに申し訳ありませ~んと入っていって、入れ替えで人が流動的になるときにどどっと前進いたしました。
タイムテーブルには2ステージあるように書かれていましたが、実は左右ではなく、メインステージと出島という前後を使い分けておりまして、出島なら結構よく見える位置ではあります。


WEAVERは若さの野性味が感じられるピアノを中心としたトリオでありまして、とても良いバンドでした。
お~、こんなすごい人達が出てきているのかぁと思いましたが、次も全く知らないバンド。
今の日本のメインストリームはこういうことになっているのね~と思いつつ、さくらを待ちます。

たぶんこの日に会場に居た中で、さくら学院を見たことある人はホントに少数だったと思うのです。
チャイムが鳴って、彼女たちが出てきた時のドヨメキ・・・(^^;
ちっちゃとか、かわいい~とか、いろんな声が出てましたけど、パフォーマンスが始まるとじっくり見てくれているようでした。もちろん少数派の父兄(さくら学院のファン)は、当然ワタクシも、ピンクの小旗を振って応援しましたよ、精一杯。
news_xlarge_sakuragakuin.jpg
目の前には2万人の観客。彼女たちには初めての経験です。それでもいつも通り堂々としたステージでした。
持ち時間は15分。3曲やって、あっという間に終わりました。
けれど、終わったあとの声援が大きくて、ワタクシ不覚ながら目頭が熱くなってしまいました。
あぁ、やっとさくら学院が世に出た!と思ったでありますよ。昔からの父兄であればヒトシオでしょう。

成長期限定ということで、まず見てもらうことが難しいユニットでありまして、こういう場であれば強制的に沢山の人に見てもらえますもんねw

ワタクシが知っている父兄さんのほとんどは、もともと音楽好きでBABYMETAL経由でさくら学院を知った人たちであります。
なので、メタルなど聴かない一般の音楽好きな人たちが、さくら学院を知る機会というのは、これまでほとんどなかったと思うのでありますよ。そもそもアイドルという存在にあまり肯定的な感情を持たないと思うのですね。ワタクシもそうでしたから。
ところが、今はアイドルというのは活動形態の一つでしかなくなってきているのですよ。それはバンドとかソロシンガーとかと同じような意味で。
それぞれやっていることは千差万別でありますが、今の日本で音楽的に最も尖っているのはアイドルだ!と言ってもそれほど大げさではない状況なのです。
しかし、ほとんどのアイドルに言えることですが、いくら野心的な試みに挑戦しようとも、やはり年が若いことによる技術的な問題はあって、けれども円熟するまで活動を続けることができないという構造的欠陥を抱えています。なにしろアイドルですからね。
現時点では、長く続けるにはどうしてもアーティスト枠に移籍する必要があるのです。Perfumeのように…

まあ、さくら学院の楽曲は今までにないというようなものではありませんし、中学を卒業すると学院も卒業しなければなりませんので、個人としてさくら学院で成長するにはタイムリミットがあります。それでも、いやそれだからこそ、見れば分かる見ないと分からない何かを発散しておるわけですよ。それを沢山の人に見てもらえた!そういった点で、今回のフェス参加はとても意義のあることだったのではないかと思います。


ライブの話に戻りますと、これで我が使命はすっかり終わってしまったのでありますが、まあトリのPerfumeまで見ていこうとそのままの場所でずっと見てました。
普段全く馴染みのないアーティストばっかりですが、コラボ企画もあったりしてなかなかに楽しめました。会場の雰囲気もなにやらすごく暖かい。普通のフェスとは違って、皆で清く正しく盛り上げよう感がすごく強いので、多少ひねくれているワタクシにはちょっと居心地が悪いという面もありましたがw

で、結構腰に来ちゃってそろそろヤバイという頃にようやくPefume。
ダンスだけを見るという趣味がないワタクシでも結構引き込まれるステージが始まりましたが、2曲目の途中に後方からさくら学院のメンバーがドヤドヤと出てきて、Perfumeと一緒に踊り始めたのでありますよ。途中から6人が捌けて残った6人がPerfumeの3人を間に挟んでのダンス
news_xlarge_perfume_03.jpg
選抜の6人に藤平華乃がいたことがほのぼのと嬉しくてずっと目で追っているうちに終了。

あーちゃんが、3,4日でダンスを仕上げたことや、先生が同じMIKIKO先生なんだよね~とか、さり気なくさくら学院の紹介をしてくれて、特にMIKIKO先生の弟子なんだということがわかった瞬間に会場の空気が明らかに変わりました。

ここにさくら学院を出すことを考えてくれて、できると信じてくれたのは、父兄でもあるのっち。
とても驚きましたし嬉しかった。本当にありがとうございます。
news_header_amusefes_all_01.jpg
帰りの電車の中でツイッターを見たら、TLに父兄がリツイしたフェス参加者のさくら学院激賞コメントが溢れていて、深く深く感動したのでありました。



アミューズフェス@幕張メッセ 2017/6/4 セットリスト

1.School days
2.負けるな!青春ヒザコゾウ
3.夢に向かって


nice!(15)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Dragonforce Reaching Into Infinity – World Tour 2017 [音楽]

CivilizationというPCゲームがあるのでありますがワタクシ大好きでありまして、我がPCはこの15年ほどこのゲームのためにだけ能力がアップされております。

現在はバージョンがVIとなっておりますが、このところ再マイブームが到来し夜な夜な熱中したかいあって、この度ようやく難易度を不死(上から2番め)、マップを最大という条件で勝利したのであります!
勝利.jpg
制覇で勝とうと思っていたら科学で勝っちゃいましたが、勝利のランクが最高レベルのカエサルですよ!
もうむちゃ嬉しいヽ(^o^)丿

なにしろ時間がかかるゲームでありまして、これまでの10年以上で費やした時間を考えると精神的にいろいろと問題が起きますので考えないようにしております。もしペン習字でもやってれば…w
けれどビールを片手にDragonForceの新譜なんぞを聴きながらこのゲームをやっているときが、我が至福の時間なのでありますよ。

で、このニューアルバムですが、聴き込めば聴き込むほど凄さが分かってくるような大作です。前回のアルバムより楽曲のスケールが二回りはデカイ!
スピードメタルに、なんというかプログレポップなエイジア風味が増強されたような感じ。

チョッ速な楽曲だけでなく、スローで壮大な曲も入ってますが、それはヴォーカルのマークの著しい進歩で可能になったように思えます。デスボからクリーン、超ハイトーンまで、1人の人間とは思えない多彩な声を聴かせてくれてますし、それを支えてるドラムのジーの引き出しの多さも目立ってます。つくづくドラゴンフォースは素晴らしいバンドだと思うのであります。

というわけで、6/16に渋谷のDuo Music Exchangeで行われた、ニューアルバムを引っさげての来日公演に行ってまいりましたよ。
IMG_5439.JPG
前置き長ぇ~w

先行物販でTシャツを無事ゲット。
毎回安定のドラフォならではのクドいデザインは今回も踏襲されておりまして、これ絶対ハーマンの趣味だよなぁ~と思うのでありますが、このダサさカッコ良さがタマらなく良いので、ついつい買ってしまうのであります。

入場は210番代だったので、下手スピーカー前の3列目ぐらい。
IMG_5436.JPG
端っこですがステージ自体狭いし、ドラゴンフォースの場合はフロントのメンバーが常に動き回ってくれるので心配は無用。却って真中付近はヴォーカルが飛んで来るので危険です。
いつもと違ってドラムセットがセンターに設置されていて、キーボード類が見えません。上手奥の方にあって見えないのかなと思っていましたが、始まってみるとこの日はキーボードが居なかった。
ショルダーキーボードを担いで飛び回る彼が居ないのは少々残念であります。

観客は老若男女入り混じっておりまして、ちょっと不思議な光景です。
そのいろいろな人達がみんな楽しそうなのがとても素晴らしい!

https://www.youtube.com/watch?v=DFeBkHJUZDg
いきなりの新曲「Ashes of the Dawn」で幕を開けたライブですが、もう楽しくてあっちゅう間の2時間でした。

畳み掛けるように曲を続けて見せたかと思えば、おちゃらけタイムでファミマの入店時のテーマを曲にしてみたり、ちょっと前に桐谷広人氏のTシャツをサムが着ていたことが話題になったことがあって、
IMG_5446.JPG
今日桐谷氏が会いにきたという話から、その時着ていた優待生活という即興曲を合唱させられたり、そうそうアラレちゃんのTシャツを着たベースのフレッドがギターを持って出てきて、
IMG_5456.JPG
ドラムのジーと二人で怒涛の演奏をしたのだけど、大昔のアニメ主題歌だと思う知っているけど思い出せない曲をマジに演ってくれたのがすごく印象に残りました。彼はドラフォ以外に自身のバンドをやっていて、そこではギタリストなのですよ。
ヴォーカルのマークは日本語をかなり勉強し続けているらしく、前回よりも更に上手くなっていました。
IMG_5442.JPG
マー君のヘドバン。恒例のダイブもやってましたけど、怪我せんようにね~
とにかく、演奏だけでなくていろいろと芸達者な5人でありましたよ。

そして、アンコールでは国内版にだけ入っているZIGGYの「Gloria」のカバー。サビをちゃんと日本語で歌うマークがあまりにカワイイのにホノボノして、最後の「Through the Fire and Flames」でピロピロを堪能いたしました。
このバンドのライブは最高です!この一言しかありません

と、ここまで書いて気がついたけど、オフィシャルのPVにもキーボードさん写ってないですね。身体でも壊しているのでしょうか…心配です。


セトリなんか全く覚えていないので、こちらを丸写ししました(^^;
http://www.setlist.fm/setlist/dragonforce/2017/shibuya-duo-music-exchange-tokyo-japan-7be4b2ec.html
全ての曲を聴けます。

DragonForce@shibuya duo 2017.6.16 セットリスト

1.Ashes of the Dawn
2.Seasons
3.Judgement Day
4.Heroes of Our Time
5.Curse of Darkness
6.Three Hammers
7.Fury of the Storm
8.Heart of a Dragon
9.The Edge of the World
10.Cry Thunder

E1.GLORIA
E2.Through the Fire and Flames
タグ:DRAGONFORCE
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽