So-net無料ブログ作成
さくら学院 ブログトップ
前の5件 | -

さくら学院祭☆2017 [さくら学院]

11月18日19日の2日にわたって行われた学院祭!今年はついに初日のチケットが入手できませんでした。が~ん
原因は・・・人が増えたこともありますが、何といっても会場が小さ杉なのだよチミ!
ちゃんと集客力に見合った会場にして下さい←いやほんとマジでお願い

で、今回の学院祭はこじんまりした神奈川芸術劇場KAATで行われました。きれいで見やすいし物販列が室内で快適なので好きな会場ではあります。どっちかというと、公開授業をここでやって欲しいのであります。
IMG_5758.JPG
で、前日の様子をネットで裏山~と見ていたので、期待感モリモリで会場へ。
IMG_5759.JPG
奇跡のような良席でした。今後の運勢が危惧されます。
IMG_5766.jpg
開演前の各種注意事項のアナウンスはいつもさくら学院生が行うのですが、この日は中ニーズの3人でした。それだけで客席大盛り上がりなのもいつも通り。
恒例のSE「KISS ME AGAIN」で暗転。
一筋のスポットに照らされてステージに1人仁王立ちの森先生…

「それでは・・・出席を取ります!」

「目指せ!スーパーレディー~2017年度~」から始まりました学院祭!
イントロに乗ってステージ中央と左右から12人がお立ち台を持って走り出てきます。
歌詞がひとりひとりの紹介になっているこの曲ですが、今年もあれこれと変更がありました。
ちょっと残念なのが歴女の岡田愛(めぐみ)の格言がなくなってしまったことでしょうか。お天気お姉さんになりたいに変わりましたけど、もうなってるのに・・・制作時期の関係かな(^^;
何故か新谷ゆづみだけ変更なし。でも、「(梅干しを)はいど~ぞ」が大好きなのでワタクシ的には無問題。
麻生真彩はけん玉を披露するのが恒例でしたが、転入生にそのネタを取られてしまいました!これはちょっと可愛そうだなと思っていたら、あとで出て来る転入生八木美樹のところで2人で一緒にやって、しかも大成功。これまで一度も失敗せずに連勝記録更新中!素晴らしい。
今年の転入式のときだったか、あなたにとって譲れないことは何?の質問に「犬!」って即答した田中美空(みく)や、生放送で映ってるのに落とした何かを拾おうとして画面から消えちゃう特技を持つ八木さんのネタはさっそく歌詞と振り付けに使われてました。
いやもう初っ端から頭の中心までさくら色になっちゃうステージが始まりましたよ。

そしてヒザコゾウ
1番ちっちゃい八木さんがなんだかすごく頑張ってます。立ち位置が前列になることが多かったのかな・・・前に誰もいないのはお手本がない不安な状態だって転入生あるあるネタで誰かが言ってましたけど、それでもすっごい笑顔で客席をまっすぐ見てる彼女はホントにこれからが楽しみです。まあ全員が楽しみではあるのですけどね。

そして「チャイム」をやって一旦捌けてからの寸劇。

学院祭を前にして山出愛子(やまいで)と岡田愛(めぐみ)が仲違いをしてしまい、それをどうやって仲直りさせるかを残りのメンバーであれこれと考えるという趣向でしたが、正直このネタ何回目だ?と思ってしまいました。
ところが今回はひとヒネリしてあって、実はもうひとりの中3の岡崎百々子(ももこ)の積極性を引き出すための2人のお芝居の喧嘩だったというオチでした。

山出さんと岡田さんはやはり強い絆で結ばれていて、このような喧嘩ネタにできるだけの信頼関係があるのですが、一番最後に転入してきた岡崎さんはどうしてもその二人に遠慮して一歩引いているようにも見えます。その辺を勘案した森先生の脚本なんでしょうかね。
バッキバキの喧嘩腰の応酬に耐えきれず思わずもらす岡崎さんの長台詞があって最終的に仲直りなのですが、そのときの岡崎さんは凄かった!
年末年始にミュージカル「黒執事」という舞台に出ることが決まっている岡崎さんだけのことはあります。完全に女優の顔でしたよ。

この中3の3人、山出さんはライブハウスで自作曲のピアノ弾き語りを始めていますし、岡田さんはテレ東月曜日朝のおはスタのレギュラーに出ているしと、3人3様の才能を開花させ始めてます。
かつて自分の立ち位置が見出せずに文字通り七転八倒していたように見えてた人もおりましたが、めげずに自分自身を磨き続けてついに光りだしたまだまだ小さなダイヤモンドたち。
IMG_5770.JPG
3人ともお互いが切磋琢磨するライバルで親友で、言いたいことを言い合える仲間がいるっていいよなぁ~と思ったところで、「ライバルと親友の顔を持つ2人」という歌詞のFriendsが始まり、やっぱり泣かされちゃうわけです。

そしてMCをはさんで「Pumpkin Parade」
かぼちゃの被り物をかぶる役が八木さんになってました。
「HANA*HANA」は飛び回る藤平華乃をずっと追って、ここで今年半分を振り返るビデオ。初めて会った在校生に転入の挨拶をする転入生の2人の初々しいことたるや!それがもうこんなに・・・子供ってすごい、ホント。

ピアノが搬入されて山出さんのソロ2曲。
去年の学院祭ではカバー曲でしたが、今回は2曲とも自作です。
15歳の作った曲は、バラードと弾むようなポップスでした。同世代の心にどう響くのでしょうね。
とにかく沢山作って、自分印の刻印が刻まれた歌を歌えるようになるといいですなぁ。去年亡くなった私が一番好きな声の持ち主グレッグ・レイクって人が、終生歌い続けた「ラッキーマン」を作ったのが15歳。今の山出さんと同じ歳だなぁ~なんてことを思いながら彼女の曲を聴きました。それぐらい長く歌い続けられるといいですなぁ。まあその頃は私はもう居ないけれども(^^;

そして、お待ちかねの「サクラデミー女優賞は誰だ?!」のコーナ~ヽ(^o^)丿
恋心を告白する演技力を競うこのコーナーですが、今回のはマジ凄かった!
去年も全員の芝居が上達してて目を見張ったけど、これまで男性役を観客全員でやっていたのを、学院生が男装して演じた効果がモロに出ました。相手が目の前にいるので気持ちの入り方が違うのか…

有友緒心(つぐみ)がいつものキャラとは全く違う女の子を演じたかと思えば、小5の田中さんが精一杯背伸びして終わった途端に照れまくったり、藤平さんは2人で脱走しちゃって大爆笑でした。
田中さんのご指名で、本来トリの岡田さんが恒例の練りまくった長芝居をやり、やっぱり長すぎて、悪くないのにインパクトに欠けるところまでいつも通りでしたが、残った2人が素晴らしかった。
中2の日高麻鈴(まりん)と新谷ゆづみ!どちらも甲乙つけがたい出来で、会場の拍手では決まらず男の子役の岡崎さんが新谷さん優勝を決定しました。

そして、優勝者はウィニング小芝居と称してもう1回演るのですが、新谷さんと岡崎ももたろう君の展開が混沌としたところで何故か日高さんが乱入し3角関係に突入。それをアドリブで受ける新谷さん。しばらく罵り合いwをしたところで、耐えきれずパスを出すももたろう君。それを捉えて斜め上にゴールを決める新谷さん、と素晴らしい奇跡のような芝居が繰り広げられました。
特に新谷さんのシュートは、前半で演った寸劇の内容を踏まえた本当に素晴らしいもので、これが才能というものか!と思いましたですよ。本日(23日)LVで確認しましたけど、本人があまり自覚してなさそうなところがまた面白い!
とにかく、落語の授業で覚醒した大賀咲希を観た時と同じような衝撃でありました。

森先生「というわけで、来年に続くぅ~」
ほんとにめちゃくちゃ来年が楽しみです。

興奮したまま「School Days」
校歌みたいなもんですから、多少落ち着きを取り戻して「キラメキの雫」
文体も変わらざるをえない2015年度の曲。
2017年の声とフォーメーション。あのときの3人と今の3人。目の前で重なって流れ去る記憶…
いくつものトライアングルが風のように吹き寄せて、一瞬ののちには跡形もなく消え去っていくキラメキ、その残像だけが心に降り積もっていく…ぐあ~

本編最後は新曲「My Road」
飛び跳ねるようなピアノのイントロから始まったのは、全てが吹っ切れたような迷いのない明るい曲です。
去年の「アイデンティティ」とは対極の、思い定めたら一直線な、七転八倒の人生だけど楽しんだモン勝ちという歌詞です。
news_xlarge_DSC_7096.jpg
寸劇のところでムリクリ書いた七転八倒だとかダイヤモンドって言葉はこの曲から頂戴したのでありますが、何万回と後悔しちゃっても好きっていう気持ちは止められなくって、七転八倒したって人生輝いたモン勝ちって彼女たちは歌うのですよ。
輝いてるその裏にある沢山のことをつい想像しちゃっては、一番ちっちゃな八木さんがニコニコしながら先頭で一生懸命踊っているのを見て、やっぱり泣かされちゃうわけです。

しかし、この曲も本当に素晴らしい!作家のcAnON.さんすごいです。MIKIKO先生の振り付けもちょっと今までになかった感じでした。
ほんとに終わった時の拍手と歓声が凄かった…それぐらい初見にもかかわらず感動しちゃう曲でありました。しかもこの曲のメッセージは初老にこそ響くと思うのだ。


アンコールは購買部の物販で幕を開けました。
かなりイッパイイッパイの吉田爽葉香とどっしり構えたボケの緒心とのお笑いコンビは更に進化。
面白いのよ、マジで。
でも吉田さんのキャラって、ホンマにこれでええの?知らんけど…

そして、なんと購買部の新曲「あきんど☆魂」(あきんどソウル)も発表されました。
すげぇアッパーな祭り囃子も取り入れたロックでありまして、これスタンディングで演ったら大変なことになりそうです。爺にはキツイよこれ・・・
後半は残りのメンバーがバックダンサーになってド派手なステージでした。ちゃんと父兄用の振りもありました。

MCでヒートダウンして「君に届け」そして、ラストは「夢に向かって」
うわ~うわ~って言っているうちにあっちゅう間に終了。ええ~っ

 ------------------------------------------------------

去年とはまた違ったさくら学院が出来上がりつつあるようです。
とっても明るい安定感がある。全員の自信の総量がすごく高くて、そこからくる余裕なのかな・・・
もっとストイックなさくらになるかと思ったら、そうじゃなかった。山出会長は日々成長中なのだなと・・・まあワタクシが勝手に予想してただけですから。
それにしても、中3はもちろんのこと中1中2のキャラがガンガン立ってきて、芸達者ぶりでは今までにない年度なんじゃないかと思います。
で、メンバーの言葉の端々から想像するに、学院祭の初日は結構物言いがついたような雰囲気濃厚ですが、2日目しか観ていない私は、ただただこの雰囲気は素晴らしいなぁと思いました。まさに新曲「My Road」の歌詞そのもののような・・・


あと4ヶ月。
課外活動と学院活動と学業で本当に大変だろうと思うのだけれど、3人とも卒業の日に、思い残すことは何もない!って思えるような日々が送れるといいなぁと思うのですよね。

DPAP10kV4AAGAtT.jpg
記念写真に初めて映り込むことに成功いたしました~ヽ(^o^)丿
家宝となす!

DPNgCd6UIAAGzTh.jpg
ステージを終えて卒業生たちとのショット。3,4,5,6,7代の生徒会長が集合です。後ろの皆様のラスボス感w

さくら学院祭☆2017 @KAAT 2017年11月19日セットリスト

01.目指せ!スーパーレディー~2017年度~
02.負けるな!青春ヒザコゾウ
03.チャイム
04.寸劇
05.Friends
MC
06.Pumpkin Parade
07.HANA*HANA
上半期振りかえりV
08.大切な君へ 山出愛子SOLO
09.ふたり ことば 山出愛子SOLO
サクラデミー賞は誰だ?!
10.School Days
11.キラメキの雫
12.My Road

ENCORE

E1.あきんど☆魂 購買部(吉田爽葉香・有友緒心)
E2.君に届け
E3.夢に向かって
タグ:KAAT
nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

さくら学院☆2017 ~放課後アンソロジー 紅葉のシャッフル・ナイト~ [さくら学院]

で、夜公演「さくら学院☆2017 ~放課後アンソロジー 紅葉のシャッフル・ナイト~」ですよ。
IMG_5662.JPG
800番代なので、かなり遠い・・・(^^;

さくら学院には幾多の部活動がありまして、いつもは決まったメンバーで活動するわけですが、それをシャッフルしちゃおうという趣向であります。これまたワタクシは初めて観るので期待モリモリであります。

最初に登場したのはテニス部
news_xlarge_DSC_9589.jpg
ただでさえ可愛い4人がむっちゃ可愛い衣装でラケットを持って歌い踊るのでありまして、初めて観たワタクシには衝撃が強すぎで、ほぼアホになっておりました(^^;

次は開演時のMCで観客を煽りまくった新聞部
news_xlarge_DSC_4182.jpg
「Brand New Day」を岡田愛と岡崎百々子が演るのでありますが、間奏の振り付けは岡崎さんが作ったそうです。初代の紺のブレザーを着た二人ともダンスが美しいので、これまたアホになってました(^^;

そして科学部
news_xlarge_DSC_9640.jpg
「Welcome to My Computer」ですよ!あとで岡田愛が自分たちもやったことないのに~って悔しがってましたがマジ名曲です。
無表情でロボットのような不思議な振りでムーンウォークなんぞもあり、メンバーの新谷ゆづみはなかなか出来なくて困ったって言ってましたが、いやいや素晴らしかったですよ。
シャットダウンした彼女たちへの大声援がそれを証明してます。

ここでMC。そして、あの部活が復活です!という愛の煽りからのド~ンザワザワ~というイントロに衝撃ですよ。
なんとギミチョコ!重音部BABYMETALです。
news_xlarge_DSC_9649.jpg
日高麻鈴と藤平華乃がゆいもあ、麻生真彩がすうさん役。
ウォ~ともウワ~ともつかない大声援のなかチョコレ~でスタート。
ダンスすごいす!
サイドの2人ともツインテ。華乃のはバネみたいな巻きがついていてモロもあさんですよ。
なぜに昼の時点で予想できなかったのだと頭の片隅で思いましたが、目の前の光景が凄すぎて、これまたほぼアホになってました(^^;

この猛烈で激烈な衝撃を言葉にするのは不可能であります。
これはハマる!ゼッタイ夢中になる!どうしてもまた観たい!

僕は武道館の頃にバンド付きライブ動画にヤラれちゃいましたが、アイドル100%だったころのBABYMETALをもし観てたら、全然違う視点でファンになっちゃいますね、これは(^^;
結局、いつ最初に観てハマったかがその印象と視点を決定しているのではないかと思うんですよ。なので、最近ファンになった人は、次のシャッフルナイトを観てみるといいかもしれないw

で、MA-METALです!MARINMETALです!KANOMETALでふっ!というお約束で、「SEE YOU」と久しぶりに叫んで、原初のBABYMETAL体験は終わりました。
まだ思い出すとドキドキするのですよ。3人のダンスの大きさもシンクロも素晴らしかったし迫力が凄かった・・・
あぁ、また観たいよ。

これでシャッフルユニットは終了して通常のライブに戻ります。
まずは「ベリシュビッッ」
ペアになって踊る曲なので、会長が1人になってましたがあたかも相手がいるか如くに踊っているのが印象的でした。
そして、「君に届け」。MCを挟んで「Magic Melody」素敵な曲です。要所要所を会長が締めてしっとりと歌いこんでました。

本編最後は「マシュマロ色の君と」
最後近くで初めてちょっとミス。でも感極まっちゃってるワタクシには全く無問題です。むしろ良く今までミスなくやってきたなって思うのです。
今年の「宝物だよ!」はこちら!
news_xlarge_DSC_9701.jpg

アンコールは「HANA*HANA」から
この曲は会長と華乃ちゃんが活躍します。やっぱりアホになる(^^;
購買部は吉田爽葉香がお休みなので全員で物販の宣伝です。最後の「ぜひチェックしてみて下さい!」を愛さんが危うく忘れるところでしたが、無事会場全員でやってキラメキ。

最後の曲の前に生徒会長山出愛子が、12人でできなかったことは悔しくて悲しかったけれども、父兄が笑顔で楽しんでくれて嬉しかったですと挨拶。
精神的に一番大変だったのはこの人であろうし、ステージ上で一番負荷がかかっていたのもこの人でした。
よく最後まで頑張ったと思います。それを支えた中3の2人も素晴らしかった。

そして「夢に向かって」
メンバー全員の3人への想いがあふれるようでした。
news_xlarge_DSC_9732.jpg
会場一面がピンクの波で揺れ、声援と拍手がいつまでも止まず、それをじっと立って見ている9人のそれぞれの顔・・・

ピンチが覚醒を呼んだのかもしれませんし、異様に盛り上がる観客との化学反応もあったのかもしれませんが、とにかく素晴らしいステージでした。
なんだか、ずっと忘れられないような、そんな時間でありましたよ。
この日のさくら学院を観れて良かった!

そして、途方もない準備を重ねて、しかしそれを披露できなかった3人の気持ちは想像すらできませんが、それはきっと無駄にはならないと思うのです。これからの彼女たちの力の源泉になってくれるのではないかと期待をしておりますよ。焦らずにじっくり力をためていってくれるといいなぁと思います。


これからの半年間、さくら学院は怒涛の成長期を迎えます。
ずっと見つめていきたいと思っています。あとはチケットだけなのだが・・・(^^;


放課後アンソロジー 紅葉のシャッフル・ナイト@O-EAST 2017.10.9

01.スコアボードにラブがある テニス部 Pastel Wind(山出愛子、麻生真彩、有友緒心、森萌々穂)
02.Brand New Day 新聞部 SCOOPERS(岡田愛、岡崎百々子)
03.Welcome to My Computer 科学部 科学究明機構ロヂカ?(山出愛子、日高麻鈴、新谷ゆづみ)
04.ギミチョコ!! 重音部 BABYMETAL(麻生真彩、日高麻鈴、藤平華乃)
05.ベリシュビッッ
06.君に届け
07.Magic Melody
08.マシュマロ色の君と
 ENCORE
E1.Hana*Hana
E2.キラメキの雫
E3.夢に向かって

#ステージ写真は音楽ナタリーさんから拝借いたしました。ぜひ読んでみて下さい。
タグ:O-east
nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

さくら学院 2017年度 秋学期試験 [さくら学院]

というわけで、今度は先にチケット取っていたナイト・レンジャーを干して、5月の転入式以来の単独公演となるさくら学院のライブに行ってきました!
IMG_5655.JPG
ナイト・レンジャーすごく観たかったのですが我が決断に悔い無し!

しかしライブ前日、職員室からのツイッターにて驚愕のお知らせが!
小等部5年生2名、中等部1年生1名の計3名が高熱のため欠席・・・

なんですとお~(@_@)

これは大変なことになりました。いつ決定されたかは定かではありませんが、ライブでは隅々まで細かく決めて練習を繰り返すさくら学院にとっては、非常事態と言っても過言ではない状況に思えます。
私には練習量で自信を構築しているように見える彼女たちにとって、これは由々しき事態なのではなかろうか・・・

さくら学院の振り付けは、身体の動きだけではなく、その複雑で刻々変化するフォーメーションも特徴でありまして、3人減るということはその組み直しも必要ですし、歌もサビはほぼ1小節ずつソロを組み合わせていくような曲が多いので、パートの割り振りの再構築も、なにより、ライブ構成自体を変更する必要もありそうです。
はたして、かような短時間にその膨大な作業をして、全てを頭に入れることが出来るのか、父兄たるワタクシとしては大変心配なライブとなりました。

まずは昼公演の「夜公演ファストパス争奪戦 さくら学院 2017年度 秋学期試験」から。
これは、ライブ途中に父兄にさくら学院に関するクイズを出して、全てを正解した少数の父兄に夜公演のファーストパスを与えるというゲームを行うライブでありまして、かなりのオタク度でないと全問正解などは不可能と思われます。
IMG_5659.JPG
ライブはファンファーレのようなイントロが鳴り響く「チャイム」からスタートしました。
初めて見る9人しかいないさくら学院。けれど、フォーメーションも歌も全然違和感がない!しかもメンバー全員ニッコニコですよ。
ダンスもいつもより更に力一杯な印象。その上に父兄の応援がいつもよりスゴイ・・・
演者も観客も集中度合いが半端じゃないのですよ。これは素晴らしいステージになる予感がします。

間髪をいれず「HANA*HANA」
ポジションの入れ替わりが激しい曲です。けれども、もとから9人のために作られているかのごとくサラッと演じてみせるメンバー。
拍手と歓声が鳴り止みません。
もうその頃には心配などすっ飛んで、逆にこれはスゴイことになっているではないか!と驚愕です。

MCを挟んで「HELLO!IVY」
news_xlarge_DSC_4139.jpg
フラッグを振り回して終了。ステージがいつもよりキラッキラです。決意がメンバー全員からオーラの如く立ち上っておりまして、観ているだけでクラクラします。

そこから試験スタート。森先生も登場です。
試験は2択問題でして、◯だと思う父兄は上手、☓だと思う父兄は下手に移動しなきゃならないのですが、結構ギチギチに入っているので大変ですよ。間違うと後ろに下げられます。なので、正解を続けているとどんどん前に行けると。
news_xlarge_DSC_9324.jpg
1問目はさくら学院の校則からの問題。もともと下手にいたのですが、目の前のお立ち台に華乃ちゃんが来たので、正解などどうでも良くなって動かず。ラッキーなことに正解ですw
2問目は「顔笑れ」という曲のMVからの問題。人の入れ替わりがあったおかげでほぼ最前まで来ておりまして、もうめちゃ可愛いのでもはや全く動く気にならず。正解は◯。残念ながら後ろに下げられてしまいました。

次はメンバーによる反復横跳びでどっちかが勝つか。手に汗握る好勝負でありました。
その他いろんな問題が出て、父兄が20人ぐらい勝ち残りました。裏山であります。

いやでも、これは楽しかった。3年前にもやったそうですが、そのころさくら学院のさの字も知りませんでしたからね。
試験が終えて次の曲は「アニマリズム」で本編終了。

アンコールは購買部から・・・ですが、吉田爽葉香がお休みなので全員で物販の宣伝です。
MCも急遽考えたのでしょうけどビシっと決めて「キラメキの雫」
大好きな2015年度の曲ですけど、しっかり2017のキラメキになってました。特にアドリブかましすぎて職員室に呼び出されるところで、KYGの3人が頭抱えてるんですよ。あ、KYGというのは、やたらと元気な3人組なんですけれども・・・
間奏のダンスも素晴らしくて、ちゃんと今のさくら学院の持ち曲になっているんだと、また目頭が熱く・・・

MCを挟んでラストは「君に届け」
全員の想いがほとばしるような、なんだか素晴らしい「君に届け」でしたよ。

心配したワタクシが間違っておりました。彼女たちは鍛え上げられたプロフェッショナルなのであって、ナメてんじゃないよってことですよ。
職員室の先生方も含めたチームが完璧に機能して、気がつけば大ピンチを余裕さえ見せて乗り越えているのでした。脱帽!

結論としては、さくら学院ってやっぱ本気で感動する!ってことであります。


夜の部、「紅葉のシャッフル・ナイト」に続く


夜公演ファストパス争奪戦 さくら学院 2017年度 秋学期試験@TSUTAYA O-EAST 2017.10.9 セットリスト

01.チャイム
02.Hana*Hana
03.Hello!IVY
~秋学期試験~
04.アニマリズム
 ENCORE
E1.キラメキの雫
E2.君に届け

#ライブ写真は音楽ナタリーさんのレポからお借りしました。ぜひ御覧ください。
タグ:O-east
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

Amuse Fes in MAKUHARI 2017 [さくら学院]

怒涛の3連続投稿でありますw

6月4日にアミューズフェスなる音楽フェスに行ってまいりました。
IMG_5424(1).JPG
芸能事務所アミューズに所属するアーティストが集まるフェスなのですが、今年はなんと!さくら学院が出ることになったのでありますよ。これは行かねばなりません。

それ以外の出演者については、藤原さくらとPerfumeを除けばまったく未知の世界です。
ただ、会場が幕張メッセでありまして、知り合いにPTA(Perfumeのファンクラブ)先行で取ってもらったチケットはアリーナ席。席と言ってもオールスタンディングでありまして、更に指定されたゾーンに限られます。フェスなのに?
幕張って広大な真っ平らでありまして、後ろの方はほぼ何も見えない。チケットはDゾーンという微妙な位置・・・

ですので、基本1回入ったらずっと立ちんぼで場所変えたりビール飲みに行ったりということはほぼ絶望的なので、15時のさくら学院まで体力を持たすにはゆっくり入らないとダメよね!ということで、10時の開店と同時に駅そばのサイゼリアに入ってビールと生ハムで友人たちと乾杯しておりました。
IMG_5426(1).JPG
14時近く、もういいかげん酔っ払っちゃうから行こうかということで、WEAVERがやっているところに申し訳ありませ~んと入っていって、入れ替えで人が流動的になるときにどどっと前進いたしました。
タイムテーブルには2ステージあるように書かれていましたが、実は左右ではなく、メインステージと出島という前後を使い分けておりまして、出島なら結構よく見える位置ではあります。


WEAVERは若さの野性味が感じられるピアノを中心としたトリオでありまして、とても良いバンドでした。
お~、こんなすごい人達が出てきているのかぁと思いましたが、次も全く知らないバンド。
今の日本のメインストリームはこういうことになっているのね~と思いつつ、さくらを待ちます。

たぶんこの日に会場に居た中で、さくら学院を見たことある人はホントに少数だったと思うのです。
チャイムが鳴って、彼女たちが出てきた時のドヨメキ・・・(^^;
ちっちゃとか、かわいい~とか、いろんな声が出てましたけど、パフォーマンスが始まるとじっくり見てくれているようでした。もちろん少数派の父兄(さくら学院のファン)は、当然ワタクシも、ピンクの小旗を振って応援しましたよ、精一杯。
news_xlarge_sakuragakuin.jpg
目の前には2万人の観客。彼女たちには初めての経験です。それでもいつも通り堂々としたステージでした。
持ち時間は15分。3曲やって、あっという間に終わりました。
けれど、終わったあとの声援が大きくて、ワタクシ不覚ながら目頭が熱くなってしまいました。
あぁ、やっとさくら学院が世に出た!と思ったでありますよ。昔からの父兄であればヒトシオでしょう。

成長期限定ということで、まず見てもらうことが難しいユニットでありまして、こういう場であれば強制的に沢山の人に見てもらえますもんねw

ワタクシが知っている父兄さんのほとんどは、もともと音楽好きでBABYMETAL経由でさくら学院を知った人たちであります。
なので、メタルなど聴かない一般の音楽好きな人たちが、さくら学院を知る機会というのは、これまでほとんどなかったと思うのでありますよ。そもそもアイドルという存在にあまり肯定的な感情を持たないと思うのですね。ワタクシもそうでしたから。
ところが、今はアイドルというのは活動形態の一つでしかなくなってきているのですよ。それはバンドとかソロシンガーとかと同じような意味で。
それぞれやっていることは千差万別でありますが、今の日本で音楽的に最も尖っているのはアイドルだ!と言ってもそれほど大げさではない状況なのです。
しかし、ほとんどのアイドルに言えることですが、いくら野心的な試みに挑戦しようとも、やはり年が若いことによる技術的な問題はあって、けれども円熟するまで活動を続けることができないという構造的欠陥を抱えています。なにしろアイドルですからね。
現時点では、長く続けるにはどうしてもアーティスト枠に移籍する必要があるのです。Perfumeのように…

まあ、さくら学院の楽曲は今までにないというようなものではありませんし、中学を卒業すると学院も卒業しなければなりませんので、個人としてさくら学院で成長するにはタイムリミットがあります。それでも、いやそれだからこそ、見れば分かる見ないと分からない何かを発散しておるわけですよ。それを沢山の人に見てもらえた!そういった点で、今回のフェス参加はとても意義のあることだったのではないかと思います。


ライブの話に戻りますと、これで我が使命はすっかり終わってしまったのでありますが、まあトリのPerfumeまで見ていこうとそのままの場所でずっと見てました。
普段全く馴染みのないアーティストばっかりですが、コラボ企画もあったりしてなかなかに楽しめました。会場の雰囲気もなにやらすごく暖かい。普通のフェスとは違って、皆で清く正しく盛り上げよう感がすごく強いので、多少ひねくれているワタクシにはちょっと居心地が悪いという面もありましたがw

で、結構腰に来ちゃってそろそろヤバイという頃にようやくPefume。
ダンスだけを見るという趣味がないワタクシでも結構引き込まれるステージが始まりましたが、2曲目の途中に後方からさくら学院のメンバーがドヤドヤと出てきて、Perfumeと一緒に踊り始めたのでありますよ。途中から6人が捌けて残った6人がPerfumeの3人を間に挟んでのダンス
news_xlarge_perfume_03.jpg
選抜の6人に藤平華乃がいたことがほのぼのと嬉しくてずっと目で追っているうちに終了。

あーちゃんが、3,4日でダンスを仕上げたことや、先生が同じMIKIKO先生なんだよね~とか、さり気なくさくら学院の紹介をしてくれて、特にMIKIKO先生の弟子なんだということがわかった瞬間に会場の空気が明らかに変わりました。

ここにさくら学院を出すことを考えてくれて、できると信じてくれたのは、父兄でもあるのっち。
とても驚きましたし嬉しかった。本当にありがとうございます。
news_header_amusefes_all_01.jpg
帰りの電車の中でツイッターを見たら、TLに父兄がリツイしたフェス参加者のさくら学院激賞コメントが溢れていて、深く深く感動したのでありました。



アミューズフェス@幕張メッセ 2017/6/4 セットリスト

1.School days
2.負けるな!青春ヒザコゾウ
3.夢に向かって


nice!(15)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

さくら学院 2017年度 ~転入式~ [さくら学院]

いよいよ今年も始まりました!
さくら学院2017年度転入式に行ってまいりましたよ。
C_O1DwOVwAAgnot.jpg
もう1年の脳内カレンダーは、さくら学院と共にある父兄であります。
転入式から1年が始まり、卒業式で1年が終わる。桜が咲くとか雪が降るとかよりもよほど季節がきっぱりと意識されるようになってきた今日このごろでございます。
そして1年過ぎるのが異様に早い!怒涛の勢いで過ぎていくのが少々物悲しい初老でありますよ。

物販終わったら暇だったので、会場の隣の東京都写真美術館で開催されていた日本写真開拓史を見学しました。
IMG_5377.JPG
最古の日本人の写真なんぞをジックリと見てから、生まれたてみたいな日本人を見るわけであります。

去年の転入式は2200席の中野サンプラが埋まったというに、今年の転入式はたったの700席しかないガーデンホールでありまして、チケットを手に入れられたのは奇跡のようなものであります。
IMG_5381.JPG
しかもドセン!
一番後ろの席だったけどな。

いつも通りKiss me againのSEからチャイムが鳴って始まったライブは、校歌とも言える「School days」から。
緊張のあまり、ドあたまのソロをすっ飛ばした(途中から復帰)した人もいましたけど、冒頭の合唱部分の指揮がなんと藤平華乃でありまして、深く深く感動いたしました。
続いて「ベリシュビッッ」、「チャイム」と定番曲を。卒業生はもういないけれど、パワーがマックス状態の10人のパフォーマンスであります。
news_xlarge_DSC_3057.jpg
MCをはさんで「HELLO!IVY」から「Song for smiling」。ハツラツとした曲。新録音バンドバージョンいいですわ~
そして次がなんと「アニマリズム」!2014年度の曲ですが、ナマで見るのは初めて。このダンス、スゴイです。これ見れただけでも大満足。本当に素晴らしかった・・・

のに、続いて「君に届け」ですよ!
これも2014年度楽曲。大好きな曲です。
「扉を開けたあの瞬間から、全てが動き出した気がしてた。息つく暇もなく走り抜けて刻んできた、無重力十代デイズ」
ですよ!cAnONさんの歌詞とメロディー、スゴすぎるでしょ。転入生もこの日、自身の扉を開けて走り始めるのであります。

うわ~っと圧倒されたまま暗転。
続いて購買部登場でしたが、吉田爽葉香と有友緒心のコントは更に磨きがかかっており、なんかもうめちゃ笑わせられました。

で、ホームルームで転入生2名の紹介。今年は落ち着いた雰囲気での紹介で良かったですわ。二人とも小5なことに驚き!小6が入らないとまた色々と・・・(^^;
そして、2017年度12人での最初の楽曲はFriendsでした。2年前に小5で入ってきた華乃と爽葉香が、それぞれ転入生とペアを組んで踊っていて、笑顔で新人を優しく包んであげているのを見て、それだけでまたウルってしまうのでありますよ。

続く生徒総会で、7代目新生徒会長に山出愛子。復活したトーク委員長に岡田愛。
新設の顔笑れ委員長に岡崎百々子。復活の教育委員長に中等部2年の麻生真彩がそれぞれ任命されました。

本音を申し上げますと、少々なんだかなぁ~という気分ではあります。

まあとにかく新会長のさらなる成長を願い、いつでも笑顔の二人には頑張って欲しいと思うのであります。気負うことなく、いつまでも伸びやかで明るいさくら学院であってくれ~と切に願っておりますよ。
ワタクシにとっては、毎年度違いはあっても、いつだって最高のさくら学院なのですから。
news_xlarge_DSC_0266.jpg
新生さくら学院。
今年もまた沢山のドラマを見せてくれつつ、目をみはるような成長物語を演じてくれるのでしょう。期待しかございません。


さくら学院 2017年度 ~転入式~ @恵比寿ザ・ガーデンホール 2017.5/7 セットリスト

1.School days
2.ベリシュビッッ
3.チャイム

4.HELLO!IVY
5.Song for smiling
6.アニマリズム

7.君に届け
吉田爽葉香、有友緒心コント
8.ピース de check!(購買部)

 ホームルーム(転入生紹介)

7.Friends

 生徒総会(生徒会役職発表)

8.夢に向かって

nice!(12)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - さくら学院 ブログトップ