So-net無料ブログ作成
BABYMETAL ブログトップ
前の5件 | -

りにゅーある [BABYMETAL]

めちゃくちゃ久しぶりのBABYMETALの記事ですよ。

去年末に広島でSU-METALの生誕祭をやって以来、何の音沙汰のなかったBABYMETALが今日からワールドツアーなので楽しみにしていたわけですが、なんとゆいさんが出てこないままライブ終了。その後も何のアナウンスもなし。
久しぶりの「なんじゃこりゃ~!?」ですが、いろいろな事態が想定されて午後のテンションダダ下がりであります。

待望の新曲を4曲も演って、そのうえ10月の日本ツアーも発表されましたが、はっきり言ってそんなの全然頭に入ってこない。

普通じゃないでしょ、こんなのって。
何も言わずにメンバー欠いているライブやって、ライトサイドだダークサイドだメンバーは同じ時空に居るとは限らないとか何子供の言い訳みたいな話してるの?
クスッとくる笑いがあったからメタルレジスタンス物語は楽しかったのであって、大真面目にそんなもんやられてもどういう顔して良いのか分からんし、こういう時に持ち出す話じゃないじゃろ。

ライブ直前に新曲をちょこっとリークして、おおっという注目を集めてからおもむろに公式が発表みたいな小手先のことばっかり上手くやって、いちばん重要なメンバーの1人が居ないということに関しては秘密にしちゃう。欠席した広島以降ずっと心配し続けてるファンは、感情を持つ「人」なんだってことを忘れちゃっているんじゃないの?
やってることに愛がない。

ステージは何から何まで一新されていて、それはそれでアメージングなエンターテインメントだったようだけど、ボクの周りのメイト達はそれどころじゃなくなっちゃっている状況を見ても、悪手を打ったとしか思えない。
せっかくの新BABYMETALのスタートが祝福されるものではなくなってしまった感がある。
事前にたった一言で良かった。それさえ言っておけば多少のガッカリ感は否めないけどそれ以上何の問題もなかったことなのに・・・だいたい新曲がぜんぜん話題にならないなんて異常事態だろ。


すごく楽しかったんだよ、BABYMETALって。
ライブ終わったら皆でニッコニコだったんだよ。こんな幸せなことないなぁ~と思えるほど楽しかった。
僕は「幸せメタル」って書いたんだよ。もう昔のことだけど。

もうあの楽しかったBABYMETALは二度と見れないのか・・・

   --------------------------

と、ニュース初日に怒りをぶちまけてみたものの、まあ少し冷静になるまで放っておこうかというわけで、一夜明けて、

BABYMETALからKawaii成分が無くなると、ボクにとってこんなにも魅力がなくなってしまうものなのかと少々狼狽しておるわけです。
まだちょっとしか見てないけど、なんの感動もないのよ。まあ曲良いよねって感じが少々・・・
KawaiiとMETALの混合体からKawaiiを抜いたらただのMETALになったという当たり前が起きた。新し目のMETALってあまり好きじゃないから、動画もっと探そうというモチベがぜんぜん湧かないよ。

マンネリ化していたものを一新して再始動なのだろうけど、新生BABYMETALを受け入れられるかどうかが僕にとってはまず大問題。
想定を遥かに超えてあまりにも変わり果てておりまして、昔の牧歌的ともいえる頃が懐かしいよ。まあこりゃワガママだわな。
これはダークサイドでライトサイドは違うのよ、ということなのかな・・・

いずれにしろ、ジョークから始まってそれが受けたバンドに、激マジ路線で物語に則ったステージを展開させることが今後の拡大につながるのかどうかボクには分からんけど、少なくともボクの好みでは全くないということは確かだ。
一番変更して欲しかったのはストーリー仕立てな部分なのだけど、そこを更に複雑にしたのがなんとも・・・ボク的にはほぼコリン星になりつつある。
Kawaiiにストーリーなぞ不要。そして長くはできないのは生まれた経緯からいって宿命なはず。

   --------------------------

と、ここまで書いてさくら学院の転入式のLVに出かけて、元気と勇気を貰って帰宅して寝たわけですが、またまた一夜明けて、

altpressがB5(BABYMETALがアメリカで立ち上げたレーベルのパートナー。つまり中の人)に取材したところ、ゆいさんは脱退はしていないがUSツアーには出ないと確認したというツイートが!

たったこれだけのこと、しかも他所から漏れちゃうようなことを何故公式に発表せずに隠しているのか意味わかんない。炎上商法って大嫌いなんだよ。
もうどうでもいいや感が溢れてきたので、コレに関してはもう書くの止める。

今日明日もライブ。メンバーは自由に発言する機会も手段もなくて辛いだろうなぁ・・・もう解き放ってあげりゃあいいのに。子供じゃないんだし今後もあるのだから。
僕は彼女らの肉声が聞きたいのだ。素っ頓狂なおとぎ話などどうでも良い。


あぁそれにしても、BABYMETALに関してこんな否定的なブログを書く羽目になろうとは、まったくもって想像もしてなかったよ。
まあ、ヨーロッパのフェスまで見てから今後をゆっくり考えよう・・・
nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

藤岡幹大さんのこと [BABYMETAL]

1月もあれよあれよと後半に入りました。
年末年始は魚卵と酒だけあれば幸せなワタクシ。いつもと同じように年を越せた喜びに浸っておりました。

けれど、だらけた気分が抜け切らない9日、信じられないニュースがツイッターでもたらされました。
BABYMETALの神バンドギタリスト藤岡幹大の死・・・
書くだけでメソメソしてしまうワタクシです。書くだけのことに10日かかってしまいました。

それが事実であることを確認してからはネットを見ることは止めました。誰とも共感したいとは思わないし、追悼の言葉なんか読みたくもないし。
ただひとりで考えていたかった。彼のことを

自分にとって大切な人が消えてしまったとき、世の中がまったく変わらずに動いていることにいつも怒りを感じます。
そして、そんな自分さえもがいつもと同じように食事をして、いつもと同じ日常を生きることに嫌悪をもよおすのです。
だから、だから、せめてひとりで悼んでいたい。

そして次の日が、さくら学院の最終学年である中3の岡崎百々子が出演するミュージカル黒執事の公演日。
DSWVjySVwAE3kJr.jpg
素晴らしい舞台でした。初めての舞台なのに、周りの錚々たる出演者に伍してぜんぜん見劣りすることのない立派な演技でした。

それから土日はさくら学院の公開授業。
小説の授業の2限と影絵の授業の2,3限を見ました。一番印象に残ったのは、中2日髙麻鈴の影絵の生々しさでした。
DSC_7668_fixw_640_hq.jpg
彼女には表現する才能がある。アーティストとして最も重要な素養を持つこの人のこれからを見届けたいと思いました。

日々成長して変わっていく若い人たちを見つつ、時間が止まってしまった人のことを思っているのです。
6c9503d3-s.jpg
私の心には、またポッカリと穴が空いてしまったけれども、これを無理して埋めることはないのだと、ずっと抱えていけばいいのだと思うのです。
きっとそれが務めなのだと思うから。


藤岡幹大さん、ありがとうございました!

https://www.youtube.com/watch?v=Ro-_cbfdrYE
タグ:小神
nice!(19)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

巨大キツネ祭り in JAPAN さいたまスーパーアリーナ [BABYMETAL]

IMG_5637(1).JPG
というわけでして、BABYMETALさいたまスーパーアリーナ2日目に行ってまいりましたよ。

前日に新曲は演らなかったという情報のみ仕入れましたが、それ以外はネットを見ないようにして夕方に会場へ。
物販がようやく人並みになって、ゆっくり行っても買えるようになりました。しかもほとんど並ばずに済む。前日のMR.BIGが1時間ぐらいでしたが、なんとたったの10分。素晴らしい!もう朝から並んで夜にライブなんて体力的に無理なので最高です。
IMG_5641.JPG
けやき広場で焼きそば食ったのだけど、足りないので場内のケンタッキーで2ピース買って腹ごしらえ。腹が減っては戦はできぬ!

IMG_5645.JPG
席は新春キツネ祭りのときと同様、ステージ真正面の400レベル。2年前より更に3段ほど上でありまして、アルプスの絶壁でビバークしているかのごとき席であります。かなり怖い。
IMG_5648.JPG
これも以前と同様、真下がコントロールであります。

スタートは「BABYMETAL DEATH」から!やはりこの曲から始まると上がり具合が全然違うのでありまして、早くも発狂。
ギミチョコ、メギツネと発狂曲を連発。もうなんか照明やらレーザーやらパイロやらすっげぇ。
神バンドの新しいソロがあって、そのまま「ヤバッ!!」に突入。初めての展開。

その次の紅月!滂沱の涙ですよ。大神と小神の背中合わせソロを久しぶりに見た気がします。
ホントに良い曲ですなぁ紅月。もうじっと見つめてました。
シンコペも良かったし、一番嬉しかったのはヘドバンギャー。もう好きな曲網羅って感じでした。

最後にお告げが・・・
次は、すうさんの故郷?うわぁ~


なにしろ、音が良かった以上に照明の演出効果の凄さに驚き桃の木ですよ。
レーザーで出来る碧い水面のその先に3人が立っている感動!
4階席の床と3階席の床に照射しているので、ちょうど足元から前の空間に水面ができ、その下にも斜めに見える膜が交差するのがステージで・・・
あるいは、レーザーの直線が描く格子模様が高速で動き、まるで僕がトロンの世界を疾走しているかのごとくで、その進む先にはやはり3人が・・・
はたまた周りからの柔らかい光の照射で、まるで3人の周りに卵のような光の塊ができていたり、何もかもが3人に収束する光の矢印とでも言えそうな演出に本当に感動しました。
遠いけれども真正面で全てを俯瞰できるこの場所でしか見れない奇跡のような光の演出でしたよ。ホント申し訳ないです。

あと、ステージ後方の5枚のスクリーン!まるでMVのように特殊効果を使って、ただオンタイムででかく映すだけというものから、見せるために作り込むというものに変わってました。
それと、ステージ上空にぶら下がっている3つの十字架。
ステージセットとしてはとてもシンプルでしたけど、その使い方が格段に進歩していて、ドームのときにもうコレ以上があるのだろうかと思ったレベルをまたしてもあっさり越えてきちゃいました。
エンターテイメントとして本当にものスゴイものでした。ずっとうわぁ~うわぁ~ってアホみたいに叫んでましたよ。

けれども・・・

音楽として冷静に聴いたとき、やっぱり足りなくなってきているのですよ、刺激が!
今回は神バンドソロが新しくなりましたけど、そうじゃない!いや嬉しいけど(^^;
ダンスが要素の一つであるので、常に全く同じであるべき宿命からは逃れられないのは理解します。だからこそ、テクノロジーを駆使しているのかなとも思うのですが、包装をいくら豪華にしても中身は同じですから・・・

ただ当然のこと、初めてに近い状態で観ている人達には、昔僕が受けた以上の衝撃でもって受け止められていると思いますよ。僕がハマったころより遥か遠く高くにBABYMETALは居ます。これまで成し遂げたことも尋常ではないのであります。
僕に常に刺激をくれ続けてきたBABYMETAL。
しかし人間の悲しさ、より多くを求めてしまうサガには逆らえないのでありますよ。
もっともっとと心が欲するのですよ。ロックである限り走り続ける運命・・・

しか~し、これを解決するのは簡単で、新曲1曲でも、いやカバー1曲だけだっていいのです。毎回カバー1曲でも演ってくれたら、オラもうそれだけで半年は持ちますわ。いやホント


というわけで、次は期待しております(誰となく)


巨大キツネ祭り in JAPAN@さいたまスーパーアリーナ 2017.9/27 セットリスト

1.BABYMETAL DEATH
2.ギミチョコ!!
3.メギツネ
4.神バンドSOLO→ヤバッ!
5.紅月
6.GJ!
7.シンコペーション
8.META!メタ太郎
9.イジメ,ダメ,ゼッタイ
10.KARATE
11.ヘドバンギャー!!
12.Road of Resistance
13.THE ONE
nice!(9)  コメント(8) 
共通テーマ:音楽

BABYMETAL 5大キツネ祭り in JAPAN -白キツネ祭り- @ZEPP DIVERCITY [BABYMETAL]

ずっと海外での活動が続き、国内での最後のOAライブから約半年、ワンマンは実に10ヶ月やってなかったBABYMETALがついに戻ってきました。
今回は5大キツネ祭りと称する小箱でのライブであります。

何が5大かと申しますと、
【黒キツネ祭り】- METAL HEAD(男性)限定
【赤キツネ祭り】- MEGITSUNE(女性)限定
【金キツネ祭り】- GOLDEN EGG(10代)限定
【銀キツネ祭り】- ROYAL FOX SEAT(小学生以下&60歳以上限定)設置公演
【白キツネ祭り】-ドレスコード:コープスペイント(白塗り)
と参加条件が5種類あるのです。
ワタクシが参加できるのは、黒銀白の3祭りでありますので当然全部申し込み!
で、当選したのが【白キツネ祭り】のみ!が~ん

ということで、去年に引き続き顔を白く塗る羽目にw

前回用意した化粧道具のほとんどはかみさんに寄付してしまったので、またいくつかを買い直し準備万端。
もう練習なんかしないでぶっつけ本番であります。

物販も、きつねのお面には若干そそられましたが手塗りで数が出来ないらしく早朝から並ばないと買えないし、Tシャツは嫌いなゲジゲジ模様だけなのでパス。こういうところでオチャラケてたのが好きだったのですが、最近はマジぶってる感が若干うざいです。
IMG_5507.JPG
現場である台場には夕方着。とっくに上がっているはずの雨がいまだシトシトと降り続いており、友人の軽トラのリアハッチの下でお化粧タイム。
簡略化したデザインで30分かからず終了です。チケットは291番というまあまあ良番なので、どこに陣取るかずっと悩んでおりましたが、入場したところ3番柵の下手が空いていたのでそこに取り付きました。
IMG_5510.JPG
圧縮は覚悟の上デス。

どんどんどんどん人が増え、係員がもっと詰めろ~もっと詰めろ~と叫ぶので、前方のエリアはもうギューギュー。なのに開始10分ぐらい前には更なる圧縮が起こって空いた空間に、ドアから人がなだれ込んで来ました。
ところが、我がエリアは全く平和でありまして余裕の空間使用であります。これはラッキーかもしれないと思っていると開演!

IDZみたいな紙芝居でしたが、すうさんの英語で節度あるモッシュをしようね(意訳)みたいなのが流れてから、6連のバスドラが響き、幕に3人がシルエットで写り、いつも通りギターのハーモニクスで頭のネジがすっ飛びました。DEATH始まりって最高デス。
びーだのえーだの叫んでデスデス飛んで、うぉ~最高だぜと思ったら、ドドドッタでメタ太郎。
ゆいちゃんマジゆいち%&)’()&g$'&(('(%&$

一旦退けて神バンドソロからのかくれんぼ
この辺りから、前方エリアがモッシュで騒然となりはじめまして、最初は2,3人が暴れていただけでしたが、怒涛のカオス化。こっちにも吹っ飛んでくるのですが、頑丈な柵が守ってくれるので安心。その上、当たられると痛いから周りの人が避けていくのでワタクシの前にあたかもモーゼのごとく大空間が広がっていき、ステージがむちゃくちゃよく見えるw
こりゃ超絶ラッキーだわと思いつつ、手前のカオスは無視してステージに集中。

次が念願の「Amore -蒼星-」でありまして、この日のすうさんは凄かった!声量がより増した感じ。
もう可愛いとか言ってはいけないような雰囲気濃厚でした。

次のBBMは「GJ!」でして、いつもとは歌詞が異なるご褒美編だったと言われてますが、全く気が付きませんでしたw
だって~、ねえ・・・行ってた人なら分かってくれるw

そして、一番聞きたかった「シンコペーション」ですよ。なんと俺得なセトリ!
ところが、ほとんど覚えてない。ここからギミチョコまで記憶が完全に飛んでます。ギミチョコは雑音とギブミーが続いて始まるヤツ。
前方ではチョッコレ~で怒涛のモッシュ。この人達ず~っと暴れてる。若いってスゴイ・・・(^^;

IDZは覚えてる。これで終わりかぁ~と思ったら、また一旦捌けてからの「Road of Resistance」ですよ。
終わり曲の2連発は初めてです。前方ではWODが2回とも発生。まあ空間が狭いのでダッシュと同時にぶち当たってましたがw

最後はしーゆーと元気に叫んで終了。
しかし、終わった瞬間に客出しSEでリンキン・パークがかかって、気分が異様に高揚していたもので涙が溢れてしまい、でもまあ白塗りだからいいやと泣きながら会場を出ました。
そりゃないよって感じですよ。
IMG_5512.JPG
最後はアレでしたけど、最高のライブでした!これまでで一番良かった!環境も良かったしステージも最高だった。白塗りの鼻もそんなに痒くならなかったし・・・

ドームを埋めるようになっても、こういう箱で演ってくれるBABYMETAL。ありがとう!
IMG_5515.JPG
感想戦をひとしきりやってから幸せ気分で橋渡って帰りました。

-白キツネ祭り- @ZEPP DIVERCITY 2017.7/26 セットリスト

1.BABYMETAL DEATH
2.META!メタ太郎
3.神バンドソロ
4.Catch me if you can
5.Amore -蒼星-
6.GJ!
7.シンコペーション
8.メギツネ
9.ギミチョコ!!
10.イジメ,ダメ,ゼッタイ
11.Road of Resistance
タグ:Zepp DiverCity
nice!(14)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BABYMETAL US TOUR 2017 SPECIAL HEADLINE SHOW IN LA [BABYMETAL]

2017年6月16日、すでに18日から始まっているKORNとのツアーの前に、ロサンゼルスのThe PalladiumというホールでHELLYEAHをオープニングアクトに迎えてライブを行ったのであります。
IMG_5453.JPG
今回はヘッドラインのショーです!
HELLYEAHってバンドは知らなかったのですが、PANTERAのドラマーが作ったバンドなのですね。
若かりし頃、ガラガラヘビのジャケットのアルバム聴いて吹っ飛んだ思い出がありますが、ホントに光栄なことです。

というわけで、朝からツイッターに張り付いていたのでありますが、ペリスコ実況は不作でありました。ただ、初披露の曲を演った!と…

それが、こちらの「From Dusk Till Dawn」

https://www.youtube.com/watch?v=hrr727Cd4ns
見渡す限りの荒野に1人取り残されたかのような寂寞感とでも言いましょうか、ヒリヒリするような孤独を感じさせる導入部から、いきなり降ってくる彼女の声!

まじタヒぬ~~w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

本当に不思議な声です。心に直接届く。ワタクシにとっては、彼女の声が全ての理由なのであります。

これ、セカンドアルバムの最高傑作だとワタクシは思っているのですが、国内版には入ってないのですよ。完全に英語圏の人狙い。
そして、それは成功していると思います。

いつかは、この曲をライブで聴いてみたいものです。


US TOUR 2017 SPECIAL HEADLINE SHOW IN LA 2017/6/16 セットリスト

01. BABYMETAL DEATH
02. ヤバッ!
03. ド・キ・ド・キ☆モーニング
04. あわだまフィーバー
05. Amore - 蒼星 -
06.META!メタ太郎
07. Sis. Anger
08. メギツネ
09. ギミチョコ !!
10. KARATE
11. THE ONE

E1. From Dusk Till Dawn
E2. Road of Resistance

神バンド:大村孝佳、藤岡幹大、BOH、青山英樹
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - BABYMETAL ブログトップ