So-net無料ブログ作成
検索選択
BABYMETAL ブログトップ
前の5件 | -

Guns N’ Roses JAPAN TOUR 2017 [BABYMETAL]

IMG_4945.JPG
ドーム以来となるBABYMETALの国内公演に行ってまいりましたよ。

残念ながらワンマンではなく、Guns N' Rosesのオープニングアクトとしてのライブであります。
IMG_4946.JPG
実を申しますと、ガンズはあまり好みじゃないんでありますよ。
BABYMETALが出るというので、追加公演に急遽参戦を決めて予習しようと家探ししたところ、1stとイリュージョンIの2枚のCDが発掘されました。

1stは名盤であります。
初めて聴いたとき、これからのロックンロールが変わるんだなぁ~と思ったでありますよ。しかし、イリュージョンがなぜに1しかないのか、それ以降のアルバムがなにゆえに無いのか、大昔の出来事なので当時のワタクシがどう思ったかは全然覚えておりませんが…
けれど、レスポールの復権に大いに貢献したスラッシュは音もフレーズも大好きなのであります。
ダフもBABYMETALが海外に出始めた初期の頃に、ズッ友写真を撮ってくれたので好きw

というわけで、物販が始まる15時に現着。まあそこそこの並びでありますが、BABYMETALのワンマンに比べれば屁のようなものであります。
このツアーではBABYMETALの物販は早朝に来なければ買えない量しかないので最初から諦めておりまして、ガンズのトレードマークの銃が日本刀になっている図柄のTシャツが記念に買えればなぁ~と1時間ほど並んで無事ゲット。
IMG_4959.JPG
なんだかとても嬉しい・・・

18時頃に入場。一番安い席なので、北スタンドの一番上部のはずでしたが、スタンド入り口でチケットの交換が行われておりまして、S席に昇格いたしました。チケットがあまり売れなかったらしく、本来座るはずだった場所はシートが掛けられて目立たなくしてありました。
というわけで、4列ほど前進した場所からの風景がこちら
IMG_4950.JPG
ほぼ真正面でありますよ。ちょっと遠いけどw
しかし、これでSってちょっとびっくりだよ。

定刻18:30にBABYMETALスタート。お約束の紙芝居からのBMDデス。
最後列通路際の席でして、両隣ともメイトさん。デスデスしてどんどん盛り上がります。前はガンズファンのご夫婦でちょっとびっくり状態でしょうか・・・その前はヘドバンしてるカップル。
どうもワタクシの周りはメイトが密集してる感じでして、2ブロック隣はガンズファン地帯。反応が全く異なります。

次はドキモ。
この並びは最高ですよ。アウェイではアワ玉やるより盛り上がると思うんですよね。変だからw
「今何時~?」の声がまばらなのがワンマンじゃないって実感されるところであります。
終わると結構な拍手が。前の奥さんもなんだか大喜び。うひ

間髪をいれず神バンドのソロ。LEDAさんはSweet Child O' Mineのイントロをブッ込んできました。会場湧きましたね~。ちょっと感動しちゃいましたよ。
小神もなんかやるかな?と思いましたが、いつも通りの何やってるか分からない飛び道具系(褒めてますw)
ベースは禿げてない人。瀧田イサムさんという人らしいです。
BOHさんとはまた違った多弦ベースの使い手でした。

青山さん、切れてました。ワタクシが聴いた場所ではすごくドラムが、特にバスドラがバシバシ聞こえたので迫力ありましたね~。その分ベースが引っ込んでましたが、ブーミーなわけでもなく音は良かったです。
途中で、「早い早い!」って誰かの声(すうさんだったらしい)が聴こえました。ドラムソロが終わったら3人登場してキャッチミーですので、タイミングのことだったのでしょうか。前にも声が入っちゃったことがあったそうですけど、実際聴くとほんのりしますわ。

このころから、もう会場はBABYMETALのいつもの空気ですよ。この辺だけ?
そしてメギツネ。盛り上がる曲をたたみかけます。なんというか、もうすうさんの声に感動しちゃって・・・
いつものように、歌詞を解釈する手順が不要なココロの中に直接入ってくる声。会場のウケがどうかとかそんなの吹っ飛んでしまって、記憶が定かでありませぬ。

KARATE
は~し~れ~で泣く。いつも通りであります。

ラストはギミチョコ。
ギブミーを連呼するSEからのチョッコレ~で怒涛のイントロ。
いまさらですが、この曲の伴奏めちゃ凄い。途中の手拍子も会場全体で手が上がっているように見えました。贔屓目かな・・・

30分があっという間に過ぎ、一瞬の嵐のように7人は去っていきました。
ライブを観ると、BABYMETAL好きだなぁ~と再確認します。
アルバムたった2枚しか出てないのに、大量のライブ音源が発売されているので、最近はBD見るのも流石に飽きが来てます。それは否定できない。けれどもライブを観ると、うわすっげぇ~と思うのでありますよ。
やっぱBABYMETALはライブ見てなんぼだと。

今回、OAとしてのBABYMETALを初めて見たのですけど、いつどこでやっても全然無問題なライブバンドなんだなと思いましたよ。どんな客層でも楽しませるだけの力が備わった感があります。敵地に乗り込む!みたいな肩に力が入るようなことも、どうせ前座~みたいなところもなく、自然体なのに全力で、観てる人を引き込んでいく。
まさに、これまでの修行の成せる技でありますな。

少なくともワタクシの近辺では、今まで全く知らなかったであろう人も、ちゃんと観て聴いてくれていたように見受けられました。それぞれに何かを残したのではないかと思います。
自分に合うかどうかはまた別問題でありまして、とにかく音楽はまず実際に聴いてみてから判断するのが一番なのだとワタクシは思うのでありますよ。


で、メインアクトのガンズであります。
ちょい押して始まったガンズのライブ、これがまた素晴らしいものだったのであります!


続・・・かない気がする
nice!(15)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

RED HOT CHILI PEPPERS UK TOUR w/ Special Guests BABYMETAL [BABYMETAL]

12月5日からスタートしたBABYMETALのRED HOT CHILI PEPPERS(つまり、レッチリ)のサポートツアーが日本時間本日早朝に終了しました。

日程は以下の通り
2016.12.05 [Mon] イギリス・ロンドン / THE O2
2016.12.06 [Tue] イギリス・ロンドン / THE O2
2016.12.08 [Thu] スコットランド・グラスゴー / THE SSE HYDRO
2016.12.10 [Sat] イギリス・バーミンガム / GENTING ARENA
2016.12.11 [Sun] イギリス・バーミンガム / GENTING ARENA
2016.12.14 [Wed] イギリス・マンチェスター / ARENA
2016.12.15 [Thu] イギリス・マンチェスター / ARENA
2016.12.18 [Sun] イギリス・ロンドン / THE O2

ワタクシはファンクはあまり好きじゃないのですが、レッチリは母乳(って名前のアルバム)の頃はよく聴いておりました。リズム隊がものすごいバンドなのですよ。
で、レッチリのファン層って、どっちかというとパーリーピーポーじゃないかと思うのであります。
少なくともメタラーじゃない。メタラーって踊れないからメタラー(サンプル数1)
というわけで、2014年のガガ並のアウェイとなることは必定。

初日のペリスコ見ましたが、もうヤバイぐらいに会場冷たいです。なにより観客少ない。
それでも7人ともものすご頑張って、フロア最前以外は最後に歓声が出たかな?ぐらい。
これはすうさんのやる気スイッチが入る状況でありまして、こういう観客をどれだけ熱狂させていくか逆に楽しみです。

2日めは曲数削って、観客への煽りやコール&レスポンスを増やしてきます。C&Rも簡略化して誰でも歌えるように。
やはり序盤、特に2曲めまではポカーンですが、徐々にノッてきているのが見て取れます。3曲めがかくれんぼなので、その前に神バンドのソロタイムがあるのですが、ものすげ~ことやってるのに観客あんまり興味なさげw
面白くなってまいりました!

グラスゴー、バーミンガムと進みますが、このころからは最初から観客が結構入ってきてるように見受けられます。
5日めのバーミンガムは、2曲めのあわだまをドキモに変えてきます。あわだまは受けがイマイチだったように思います。でもドキモ?
この日は、最初からアリーナもスタンドも満タンに人が入ってました。レッチリファンにも受け入れられてきた感がありますよ。
なんだかウワサのバンドが来てるらしいから見てみようじゃないのみたいな感じ?

次はマンチェスター。2曲めが更に変わってメタ太郎ですよ!
そしてこの日は、レッチリのステージにBABYMETALの3人が乱入して踊りまくるという快挙を達成!
すうさんって、フリーフォームのときは本当に楽しそうに見える。やっぱ絶対フリなしのソロ曲見たいと思うのですよね。

そして迎えた最終日のロンドンO2。
ド頭はROR。かくれんぼ、KARATE、ギミチョコときて、ドラムにレッチリのチャドMETALを迎えてのPainkillerとBreaking the Lawですよ、奥さん!
この2曲は、7月にメタルゴッドのロブ・ハルフォードとコラボした曲。それを今度はドラムがチャド・スミス!しかも神バンドコス。ジューダスの故国でこの2曲!
もう朝っぱらから涙ボロボロ。こんな衝撃的な朝は未だかつて経験ないですわ。ロブとやったときよりも驚いた。

今回のツアーのベスト動画は、もう文句なしにこれ!

https://www.youtube.com/watch?v=68ZcUAymhnY
すうさんまじメタルクイーン!なにこのハイトーン。

そして、最後の挨拶をしていたら、なんとサプライズでチャドMETALがケーキを持ってあらわれ・・・

https://www.youtube.com/watch?v=Va5fID3a7NI
チャドっていい奴!絶対間違いない。すうさん、ホントに良かったね~。
それにしても、ロウソクを吹き消すときのすうさんの肺活量に驚くわ(;゜∇゜)

    --------------------------

すうさん、19歳の誕生日おめでとうございます!(ホントは明日だけど・・・)
君たちのことを何も知らない観客を相手に少しも臆することなく、レッチリのために客席をあたためるという最大の使命を笑顔できちんと完遂したあなたを尊敬しておりますよ。
これからもワタクシを、これまで見たことのない風景に連れて行ってくれると嬉しいです。
ドームのきらびやかなステージから一転して、レジェンドなバンドのオープニングアクトという泥臭い仕事。その環境をむしろ楽しんでしまうようなクソ度胸。そしていつのまにか周りを応援団にしてしまうカリスマ性。
どこまで行ってもずっと付いていきまっせ。

    --------------------------

このあとは、来年の1/11についにメタリカさんとのライブ。
それに続いては、Guns N' Rosesとの日本ツアーが待ってます。横アリ、いくぜ!
nice!(13)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

LIVE AT WEMBLEY [BABYMETAL]

今日は何の日だ~?

まあ分かりませんわなw
実は6年前の今日、さくら学院重音部が横浜赤レンガ倉庫で始動したのでありますよ。
今日は、なんとBABYMETAL6周年記念日なのであります。
CyRcXhnUsAA-sP0.jpg
ちっちゃくてダンスもヒヨヒヨでありました。もしワタクシがこの時の彼女たちを見ても、絶対また見たいとは思わないですわ。正直なところ・・・
SU-METALがどれだけすごくても、やはり神バンドがいなければ彼女たちのファンにはならなかっただろうと思います。
なので、この頃が見れなくて残念だったと思うことはないのでありますが、神バンド降臨後のライブは全部観たかった!
それだけは一生の不覚であります。

というわけで、11/28は祭日にしてもいいのではないかと思うワタクシであります。

ってな話は置いておいて、今日の主題はBABYMETALの新しいBD「LIVE AT WEMBLEY」であります。
今年の春、ワールドツアーキックオフとして行われたイギリスはウェンブリーアリーナでのライブの映像記録が発売されたのでありますよ。

https://www.youtube.com/watch?v=t4yXqzC710M
ちょっとでもBABYMETALに興味があるという方は、絶対に買うべき逸品です。
BABYMETALの現在が完璧にパックされた、現場の空気がそのまま記録された映像であります。
これまで出たものとは異次元のクオリティー、それは音も画像もですが・・・ちょっと驚くべきものがあります。

メイトだから盛ってるだろって思われるかもしれませんが、これは掛け値なしに凄いです。
もちろんワタクシは始まった途端に号泣しましたが、一般人でも心がグイグイ動かされることは間違いありません。
1stアルバムの曲も2ndの曲も、全く違和感なく溶け合って、どちらも紛れもなくBABYMETALの楽曲なのだ!とはっきりわかる素晴らしいライブです。
これまで出た音源の中でどれか1枚、というときには現時点ではこれに優るものはないでしょう。

いや~、あまりに感動しちゃったのでLoGiRL見ながら書いちゃいましたよ。
それにしても、いつも思うんだけど目安箱って企画はあまり楽しくないなぁ~。笑えない。
nice!(14)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND - METAL RESISTANCE – BLACK NIGHT [BABYMETAL]

というわけで、前日に引き続き東京ドーム2日目、BLACK NIGHTにも参戦いたしましたですよ。
1474451099044.jpg
前日の衝撃がいまだ尾を引く状態でありますが、今日はアリーナですので思い残すことがないようハッチャケちゃう所存。
なにしろ台風が接近中でありまして、秋雨前線が刺激されて前日からの雨が本格的になっております。開場ちょっと前に現着し、わざわざ屋根がないところに並ばされて足元ぐっしょりで入場。しかもアリーナほぼ一番後ろという哀しみのポジションでありましたが、花道沿いではありますので、たまには近くで見れるという位置。

アリーナといっても普段と異なり、折りたたみ椅子が設置されている指定席でありますが、その椅子が非常にちっちゃい。そのため1人分の幅がめちゃくちゃ狭いのであります。どんなに肩をすぼめても両隣と触れ合ってしまう間隔しかありません。ただオールスタンディングの密集よりは前後長があるので楽ですし、なにより圧縮もモッシュも心配ないので、おらずっとこれで良いなぁ。
前に余裕があれば、真っ平らの会場で後ろの方であってもステージが高ければちゃんと見えるのであります!と書いても無駄なんですけどねw
右隣が開始直前まで空いておりましたので、これはラッキーかも・・・と期待しておりましたが、なんと女性登場。あまりうるさくしないように自制しようとその時点では思いました。

前日と同様、KOBA-METALのお話から始まり、1曲目はBMD!しかも3方向に延びた棺桶型花道の先端から十字架に磔にされた3人登場です。
Cs3tV-OUMAAvaDQ.jpg
我が花道にはもあさん。当然叫ばないわけにはいかず、お隣のことなんざとっとと吹っ飛んでしまうわけであります。
いつものことですが、BMD始まりはブチ上がります。しかも前日と比較して音がすごく良い!演奏が全部聴こえるし、歌も鮮明。雲泥の差でありましたよ。チケ代の差額はこれだったか・・・
ギターは前日の小神こと藤岡さんの代わりにLEDAさんですよ。最近小箱で演ったみたいですが、ワタクシは久々です。LEDA&大村コンビが大好きなワタクシ大歓喜であります。この日は1stのレパートリーがメインになるのでこの組み合わせだったのでしょうかね。

3人に煽られまくった「あわだま」を挟んで「ウキミ」!
ウキウキミッナイだのキンキラキ~ンだの叫びまくってメタ太郎でwo~wo~やって、バカヤロ~と怒られてからの紅月ですが、その前の神バンドソロが凄かった!
特にLEDAさんのギターソロ。速いのに1音1音くっきりしていて、あのただの木切れのようなギターで奏でたとは思えない素晴らしいソロでした。これはホントに忘れられないです。
そこから始まる紅月の素晴らしかったこと。この曲とノーレインだけは微動だにせず地蔵にならざるをえない。そしてひっそりと泣く。

それから2度とやらないと言っていたような気がする「おねだり」。
Cs3uhgkVUAARPjl.jpg
まだ全然問題ないというよりも、今のほうが断然威力が増している!これを封印するなんてもったいない。

ずっと1stの曲が並び、ステージと観客の雰囲気も前日と全く異なりなんだかすごく明るい。スタンドとアリーナの差なのかもしれませんが、ワタクシには全く違うように感じられました。なにしろ3人の表情が全然違う気がする。笑顔が多いんですよ。それになにかしら余裕があり、リラックスしてる感じがする。
ついに観れたノーレインで涙して、メギツネ全力!ヘドバンはスクリーンに写った重音部のタオルを持って土下バンする観客を見て負けられねぇと思いっきり首振って飛んで、そして最後がIDZ。

今度は首のコルセットが真っ赤に光って、会場の隅々まで赤い光点が瞬き、この祝祭の終わりを告げました。
ずっと座ってた前日とうって変わって、いろいろと参加いたしまして、なにやら充実感があります。疲れたけど…


最後の「We are?」で、すうさんがもあさんをちょっとからかって、もあさんがむくれて笑い合ったり、ちょっとしたアクシデントで3人が寄り添って笑顔を見せたりと、まるでさくら学院時代のようなわちゃわちゃした仲の良い3人が垣間見れました。(生で見たことないけど…(^^;)
Cs33uHaVIAAu5_R.jpg
そう、さくら学院重音部の延長線上に今のBABYMETALはある。けれどももう原点からは遙か遠くに来てしまいました。

横アリのライブの時に書いた「以前の延長線上ではなく、断絶」したものとは、それまではたしかにあった手作り感というか温かみというか、さくら学院重音部が醸し出す空気のことだったと今ならわかるのです。
今のBABYMETALは、少なくとも本編中にそれらを露わにすることはありません。今回は初期曲中心のBLACK NIGHTだからこそ、あるいは全てが上手く行った安心からか最後にこぼれ出てしまったような…
Cs3tV-OUkAAodhX.jpg
3人の屈託ない笑顔を見て、ガードを固くして作られたキャラを演じなければならなかったことが、もはや血肉化して意識する必要がなくなっちゃったのかいなとも思いつつ、それでもとてもほっこりと温かい気分になりました。
できればこれがRED NIGHTで出ていればと思わないでもありません。けれども、彼女たちが自分の思うようにやって、それで喜びを得ているのであれば、それがワタクシの喜びでもあります。
1474451092844.jpg
そして、今回はライブ終了後に何も発表がありませんでした。
エピソードIVは終了したのでしょうか?3人とも宇宙船に乗って飛んでいってしまいました。一体どこに向かったのでしょう。
大いなる謎を残したまま終わったワールドツアーファイナルですが、今回でハードルは一気に上がってしまいました。
エンターテインメントとしてこれを超えるものは、もはやないのではないかと思える程のところまで到達しちゃった感があります。いったい次はどうなるのでしょう。いや、どうするのでしょう。
残念ながらワタクシは、舞台の仕掛けの進化はあまり嬉しいとは思わないのでありますよ。次に地球に降り立ち大規模ライブを決行するときには、楽曲とパフォーマンス重視で泥臭く勝負して欲しいものだと願っておりまする。まあ、出されたものは何でもいただきますけどね…



いずれにしろBABYMETALは今後も何かを切り捨て新たな何かを纏い、どんどん変わっていくのでしょう。
後ろは振り返らず前を向いて走り続けること。

きっとそれがさだめ


BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND - METAL RESISTANCE – BLACK NIGHT@東京ドーム 2016.9.20

01.BABYMETAL DEATH
02.あわだまフィーバー
03.ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
04.META!メタ太郎
05.Sis. Anger
06.紅月 -アカツキ-
07.おねだり大作戦
08.NO RAIN, NO RAINBOW
09.ド・キ・ド・キ☆モーニング
10.メギツネ
11.ヘドバンギャー!!
12.イジメ、ダメ、ゼッタイ

神バンド LEDA,大村孝佳,BOH,青山英樹
マニピュレーター 宇佐美秀文
タグ:東京ドーム
nice!(16)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND - METAL RESISTANCE - RED NIGHT [BABYMETAL]

BABYMETAL初となるドーム2daysのまずは1日目「RED NIGHT」に参戦してまいりましたよ。
1474451094184.jpg
ファミレスで時間を潰してから指定された入場口に向かいますが、これまでの人生で見たことのないほどのものすごい人人人・・・ドーム周辺が人で埋め尽くされております。
IMG_4339.JPG
2日間ともソールドアウトで、1日あたり5万5千人のBABYMETALファンが、それこそ世界中からこの1地点に集結してきているのであります。それだけでちょっとウルってしまう初老ですよ。
必死こいて入場口までたどり着きましたが、そこから指定された1塁側のバルコニー席までがまた遠い。流石に球場だけありまして、ほんとにデカイ!

着席しますと、予想通りのセンターステージ。球場ど真ん中に巨大建造物がそそりたっておりました。
IMG_4345.JPG
とても良い席でありまして、クッションも良いし折りたたみテーブルが付いております。どうしようかちょっと悩みましたが、今日はじっくり腰を落ち着けて全てを観ようということで、机の上に双眼鏡と飲み物とガムとキャラメルを並べて準備完了であります。
周囲を眺めてみると、ものすごい高さのスタンド席の上段までびっしりと人で埋まっております。

まずはプロデューサーKOBA-METALからの、2日間で1st,2nd2枚のアルバムのすべての曲を1度のみ演り、MCアンコールは一切ない宣言のビデオが流れて次に紙芝居。気分がブチ上がったところでいよいよスタートです。
もう2度と観れないと思っていたあれも、本当に演奏できるのかと思うようなこれも演るのです。ものすごい大歓声。これだけの人数が一斉に声を出すと、ちょっと恐ろしいぐらいの音量です。

始まりはROR!
だけど、3人がどこにいるのか分からない。周りがうわ~っと盛り上がっているのに自分だけ「え、え??」ってなってましたが、なんとスクリーンの上にもステージがあって、そこに3人立ってました。
1474451094789.jpg
上のステージは2階層になっていて下段は3方向に分かれており、ワタクシの目の前にはゆいちゃんが降りてきました。もうずっと双眼鏡で見てましたよ。ゆいちゃんまじゆいちゃんヽ(^o^)丿

音は・・・ヒドイです。演奏はモワモワしちゃって細かいところは聴き取れない。けれどすうさんの歌声だけはよく聴こえました。
しかし、距離があるので遅延がひどいだろうと思っていたのですが、これが演奏と歌に関しては全くない!スクリーンの映像も、双眼鏡で覗いたドラムの青山さんのスティックの動きもちゃんとシンクロしているし、どこの観客を見ても同時に手拍子しているのですよ。
これは凄いことですよね。技術の進歩は素晴らしい!
ただ、観客の合いの手や手拍子の遅れはどうしようもない。半拍遅れぐらいで下界のアリーナからの音が上がってきて、1拍遅れ以上で対岸のスタンドからの音がきます。その音量も半端ないので、ヴォーカルがないときは何度も曲を見失いました。
news_header_0920_4D2A0480.jpg
それから感動したのがスクリーンのデカさとその詳細さ。
円形のスクリーンを、たぶん4分割しているのですが、その境界が刻々と移動するので、どこにいてもちゃんと真正面で見れる時があるように配慮されているのです。ステージ自体も、ちゃんと正面というものがありましたが、そうでない方向にいる観客にもちゃんとサービスが行き届いていて、センターステージという全周に観客がいることの問題をできるだけ解決しようという意図が見えました。ただ、そのせいで、本来3人一緒にいることで意味がある振り付けが、ばらばらになるという副作用もありました。
1474451095862.jpg
それにしても、ライティングやら炎やらレーザーやら回るステージやら動く花道やら、そのすべてが完璧に稼働する舞台の上で、これまでの経験をすべてぶつけるようなBABYMETALのパフォーマンスは、もはやダンスユニットでもアイドルでもメタルバンドでもない、これまでの何とも異なるすさまじいものです。本当に「すさまじい」としか形容しようのないナニモノかでありました。

これだけの大きさの会場であっても、狭い!と思わせるほどのスケールになってしまったBABYMETALを表す言葉は存在しないデスよ、ほんと。
そして、初めて生で観た「アモーレ」!
すうさんの「走り続けるさだめ~♪」を聴いた瞬間にボロボロ涙が・・・

もはや、ワタクシにはライブとは思えません。これはワタクシ的分類ではショーです。それもラスベガス的というかなんというか・・・
7人のクオリティーで魅了するというよりも仕掛けのスゴさで驚かせる的な。けれども、容器というか舞台はそうなのですが、中身はこれまでの全てを合わせた集大成ともいうべき素晴らしいパフォーマンスなのです。
両方が合体した方向にこれから進むというのか、はたまたドームはお祭りだからね、ということなのか。常に目新しい音楽と驚きのステージングを供給し続けることはいつまで可能なのか、そういったことが頭の中をぐるぐる回って目から放出されたのであります。

けれども、そんなことはどうでもいいよと言わんばかりの圧倒的なショーは続き、こんな曲実現可能なのか?と思っていた運命の物語を軽々と演じて見せた後に観客全員の首にまかれたコルセット全てが青白く発光し、会場全体に5万5千のまさに命の光が満ち、それをじっと見る3人それぞれの顔を見た瞬間、ワタクシは悟りました。

これでいいのだ・・・と


1474451093389.jpg


後半BLACK NIGHTに続く


(写真はORICON STYLEさんより拝借いたしました。9/22)

BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND - METAL RESISTANCE - RED NIGHT@東京ドーム 2016.9.19 セットリスト

01.Road of Resistance
02.ヤバッ!
03.いいね!
04.シンコペーション
05.Amore -蒼星-
06.GJ!
07.悪夢の輪舞曲
08.4の歌
09.Catch me if you can
10.ギミチョコ!!
11.KARATE
12.Tales of The Destinies
13.THE ONE(English Ver)

神バンド 藤岡幹大,大村孝佳,BOH,青山英樹
マニピュレーター 宇佐美秀文

CstCbHsUkAEKEz4.jpg
(BABYMETAL公式より)
タグ:東京ドーム
nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - BABYMETAL ブログトップ