So-net無料ブログ作成
検索選択

もうすぐシーズン入り [GSX-R750]

なにやら春が来てるみたいですよ、皆さん!

というわけで、ボチボチとバイクのメンテを始めたわけであります。
まずは、オイル交換。前回フィルターも換えてあるので、今回は簡単。

1Lボトルを2本買ってありまして、あと200ccは前回の残りでいいやと思ってましたら、残りがなかった・・・
急遽買ったまま全然使う予定もなくほったらかしてあった安物の鉱物油をだいぶ足しました。

神様ゴメンナサイ

ま、同じ硬さだしエエJARO。

次にフィルターとプラグの交換を始めます。
タンクを持ち上げて、
P3044397.jpg
ネジ11本も緩めてクリーナーボックスのフタを開けます。
P3044399.jpg
フィルター取り出すと、げっ!
P3044400.jpg

神様ゴメンナサイ

やっぱいじらずに1万6千kmも走っちゃダメだよね・・・

で、プラグはこの下にあるので、クリーナーボックスを外さないとイケマセン。
ボルト8本、パイプ3本、センサーへのソケット1個を外したらすぐに取れると思いきや、インテークのゴムが引っかかってなかなか持ち上がらない。仕方ないので力技で取り外します。
P3044402.jpg
すると、ようやく跡地にシリンダーヘッドが見えました。は~は~

あとは、コネクターを4本外して、プラグキャップを抜きます。
と簡単に書きましたが、キャップが抜けねぇ。ちなみにワタクシ全くパワーはないです。

で根性でやっと抜きましたが、なんだか両端の2つは作業スペースがない気がする・・・
そんな予感を抱えたまま、まず中央2本を交換。DOHCなので、プラグがスゴク深いところにあるのです。
磁石とか付いてないプラグレンチなもんで、外れても取り出せない・・・
レンチに両面テープ付けてひっつけて外しました。は~は~

苦労してやった割には
P3044403.jpg
まだぜんぜん使えそうな・・・

で、問題の両端のプラグですが、エンジンが結構前傾してるもんで、手持ちのレンチではフレームに干渉してプラグ穴に入らない。
いつもなら、動くバイクか車でピューッとアストロまでひとっ走りして工具買ってくるんですが、車無いし、BMWは車検切れ。部屋保管の原チャリはとっくの昔に保険切れてるじゃん!ということで、アマゾンでポチッ

交通機関は複数ないと不便じゃのぅ~

え、ちょっと待って、ちょっと待って~
P3044404.jpg
これ何?

エアクリボックスをこじった時にやっちゃったのでしょうか。要らん仕事をまた増やして凹。
IMG_2986.JPG
こういう気分の時は・・・

リフルぅ~~~~(*´﹃`*)
nice!(14)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

壊れてなかった・・・のね~ [GSX-R750]

セルはヒュンヒュン回るのに始動しないGSX-R750君。
あまりにもスムーズな高速回転なので、これはクランク回してないな!と思いこんだわけです。

R1100RSではセルに泣かされておりますので経験豊富でありまして、セル関係は任せろ!ぐらいに自信あります。(冗談ですからねw)
なので最初は、ピニオンをクランクを回すリングギヤまで突き出す部分が不調なのかなと考えました。
なにしろ、R1100RSのセルモーターって、
P3284105.jpg
このように胴体が2つありまして、
P3284106.jpg
大きなほうがセルモーター本体で、小さな方は電磁石が入ってます。
電流が流れると、パーツ8が磁石に引っ張られてパーツ6が支点を中心にしてシーソー運動をして、10のギヤをリングギヤに叩きこむという構造なのです。

しかし、ここでワタクシは重要なことを失念しておりました。
R1100RSは20年も前の設計であるということであります。

人に訊いたら、何いってんのコイツって思われた模様。実は今どきのバイクはこんなもんは付いてないのであります!
GSX-R750のセルモーターは、
canvas.png
ただのモーターでありまして、
canvas1.png
ギヤは常時噛み合っております。ただそれだと、走行中にセルモーターがブン回ってしまいますので、ワンウェイクラッチなるものが付いております。
パーツセット7の一番右のベアリング。これがワンウェイベアリングになっているので、セルが回ったときのみセルの駆動力がクランクに伝達され、それ以外の時は回らないようになっているんですね~。すばらしい!

というわけで、中身を覗いてみようではないのと思いまして、カウルとスライダーを外したところ、
P3284097.jpg
何この傷?
P3284099.jpg
こちらの中華製スライダー左右で1890円也のボルトが食い込んでいるではあ~りませんか!ショック大であります。
しかも、微妙に蓋全体が変形しているような・・・

まあ、蓋ぐらいなら安いのではないだろうかぁ~あはあは、と自分を慰めつつそ~っと手前に引っ張って蓋を開けます。
P3284104.jpg
タダの蓋だと思っていたら、全部ひっくるめて付いて来ました。
これはパーツ表の1,3,4,5,6でして、3のシャフトが蓋の軸受けにハマっています。
危なかったのが、奥の方についてる5のスペーサーが3から外れてしまうこと。
エンジン側の軸受けにオイルで張り付いていたので事なきを得ましたが、落ちると大変なことになります。

P3284101.jpg
エンジン側はこんな感じ。
見えてるのは2のギヤ。ワンウェイクラッチ本体はその下に少しだけ見えてるヤツです。
もし壊れていたら交換は大事ですが、回してみると一方向にしか回らない。別に異常はないようです。
P3284103.jpg
取り外した蓋にくっついてきたパーツ一式も問題なし。とりあえず清掃してオイルをまぶして元に戻します。
これにはパッキンとか無くて、蓋にOリングが付いているので開け閉めは簡単です。

ココらへんで疑惑が頭をもたげてまいります。
セルは本当に空回りしていたのであろうか、と・・・

そこで、再度バッテリーを充電。完璧に満タンにします。
そして、ギヤをローに入れてクラッチとフロントブレーキを握ったままセルを回してみました。

するとなんと、前進しようとしているじゃあ~りませんか!

ちゃんとギヤは噛んでるのでありました。あまりにも火が飛ばないので空回りしてるように感じただけだった・・・
それと、R1100RSの重々しいセルの回り方に慣れすぎてしまったのも原因かもですが、まったくアテにならないサンデーメカであります。

しかし、かなり気が楽になってまいりましたよ。
セル回る。
ガソリンの匂いする。
となれば、あとは火が飛んでるかですが、最近のバイクってプラグに到達するのがえらく大変なので、ここは一発バッテリーが無くなるまでセル回したれ!ってわけで、1セットを30秒ほどでガンガン回しました。
3セット目に、スポッ、スポポッというちょっと希望が出る音がしまして、4セット目に見事回り始めましたですよ。うはは

30分ほど近所を走り回って異常無し。
どっちにしろエアクリとプラグ交換時期だからなぁ~。忘れないうちにやっつけとかないと!

というわけで、関係者の皆様には大変お騒がせをいたしました。
パグ太はまた経験を積みました(笑

結論:思い込みは危険
nice!(9)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ブレーキメンテ [GSX-R750]

GSX-R750がウチの子になってから5000kmほど走って、総走行距離が1万kmを超えたのでブレーキをメンテしました。
P9093314.jpg
汚れ具合はこんな感じ。上が磨いた状態で下が何もしてない状態。グリスが汚れてるぐらいで思っていたよりはキレイでした。
P9093308.jpg
台所洗剤とお湯でピカピカにしましたよ。でもまたグリス塗っちゃうんですけど・・・
P9093312.jpg
まだまだ使えるのですが、ついでなのでパッドをZCOOのセラミックシンタードに交換。初期から効くというタイプCと迷ったのですが、あまり立ち上がりが急だと恐ろしいのでこちらに。
P9093316.jpg
指定トルクで締めて完成デス。
フルードはバイク買った時に、リコールでマスター交換があって新しくなってるのでまだ大丈夫。
P9093315.jpg
本日の工具たち

オイルは6500kmでショップが換えてくれたのですが、1500km走ったぐらいでシフトがガサガサしてきたので、8500kmまで我慢してPANOLIN SYNTH 10W-40に交換。今のところ快調。
とりあえず、いつ換えたかすぐに忘れてしまうのでメモしておきます。ほんと最近・・・orz

あとは、プラグとかフィルターとか見ないといかんかな。
フロントフォークとかリアリンクのオーバーホールとかもやったほうがいいのだろうけど、お高いからなぁ~

やめとこ。



今日の月はキレイですなぁ
P9093326.jpg
nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

チョイ乗り [GSX-R750]

良い天気なので、午後チョイ乗りにでかけました。
目的地は荒川沿いの彩湖・道満グリーンパーク。我が家から1時間足らず。

P3242552.jpg
先日、リアスタンドが来たので、ものすご久しぶりのチェーンメンテをしました。その成果の輝くゴールドチェーンなのであります。乗るのがもったいないぐらいだ。
最後にやったのはもう15年ほど前の話で、3面同時に磨けるブラシや、汚れがみるみる溶けて水で流せちゃうチェーンクリーナーや、多めに吹いても飛び散らないチェーンルブなど便利グッズのあれこれに浦島太郎状態であります。

スタンドは、バイクショップお勧めのJ-TRIP初めてスタンド。
HPでこれ以上簡単なメンテナンススタンドは世の中に存在しません。と断言している逸品です。たしかに簡単過ぎるぐらいでした。

現在のところ、磨くのも楽しくてしょうがないので問題ないのですが、全く手のかからないシャフトドライブ比較して、今後にはそこはかとない不安はあるわけであります。
P3242553.jpg
カッコええなぁ~とバシバシ写真を撮っておりますと、周囲の雰囲気からかなり浮いており、自転車の子供からガン見されたりします。こっち見んな!

なにしろ、
P3242557.jpg
凧揚げしてる親子連れとか、タープやテントを張ってバトミントンしてたり、マテ~アハハハ~とかしてる若い方々など多数。

P3242559.jpg
パンジーが咲いている辺りはとっとと通過して、
P3242562.jpg
あまり人のいない彩湖の畔でペットボトルのグレープジュースを飲むワタクシであります。

けっこう風があるので、小さな湖でも波ができてます。
ポチャ、ポチャという打ち寄せる波を見ながら、来し方を振り返る春の午後・・・
P3242563.jpg
1時間ほどぼ~っとして、バビューンと帰って3時間のチョイ乗りタイムでした。


nice!(15)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

コソ練 [GSX-R750]

P2282440.jpg
天気予報「明日は暖かい一日となるでしょう」
むふふ、行くしかなかろう!
このままではいつまで経ってもこのバイクと仲良くなれない・・・

というわけでやってまいりました
富士スピードウェイ・・・の中にあるカートコース
kart_course2.jpg
駐車場にコースをペイントしただけって感じのショートサーキット。ライセンス不要で4000円で1日走り放題という大変お手軽な場所であります。
左側がカートコース、右はショートコースです。カートコースは左回り。ショートコースは最初に入った人が周る方向を決めていいらしいです。
kart_course3.jpg
まあお手軽と言ってもサーキットですので、15,6年ぶりかで革ツナギを着ました。もう着ることはなかろうと思っていましたが、どうしても捨てられず、でもほとんど忘れ去られていたツナギ・・・

従って、皮が非常に固い(笑

関節が外れそうになりつつ、やっとの思いで着用。これだけじゃ寒いかなとジャケットをその上に羽織って、片道ほぼ100km自走です。
明け方まで雨だったので路面が濡れているため、ゆっくり出たので到着は12時ごろ。
P2282451.jpg
結構走ってます。小さいレーサーとモタードで7~8台。普通のバイクは皆無・・・

受付して、ミラーとナンバーを外してテーピングして準備完了。
空気圧は、分かんないからとりあえず前後2.0。
P2282446.jpg
受付した時、今日は雪の後で久しぶりのオープンだから滑ります!と言われてビビリまっくす。
遅くてすみませんね~と走り出します。

おじゃましてます~。あっ、ごめんなさいね~、って感じで1回め終了。
30分ほどぐるぐるしてました。
どうも左がギクシャクする。バイクは素直にリーンしているのに、乗り手が邪魔してる感じ。
小さいのにも抜かれますが、ここでちゃんとできないとダメだろうと思ってガマンガマン。上半身の力を抜くことと姿勢を意識して走りました。
温間の圧を測ると2.2ぐらいまで上がっているので、ちょっと抜いて今度は前後1.9。ブレーキングもヌルいので、フロントのプリを半回転下げてみます。

買ってきたおにぎりを食べて2回め出走。
コースがちょっと分かってきてペースアップ。非常に忙しいです。切り返しの連続。むちゃ楽しいデス。
けれども、早くも足、特にモモに疲労が・・・これは明らかに運動不足が原因と思われます。

20分持たずにピットイン。
ベンチでノビます
P2282450.jpg
寂しいので近所の方にご挨拶。本気タイヤ履いてますね~と言われて赤面・・・
猫に小判、豚に真珠なわけですが~、あはあは
走っている皆さんは全員トランポなので、自走だからムリしない方がいいですよと言われて更に萎縮w

3時には上がろうと思っていたので、3回め出走。
ちょっと頑張って走ってみました。どうしても腕に力が入っちゃうけど、気がついたら抜いてとにかくセルフステアーを邪魔しないように、バイクに任せていればグリグリ曲がってくるので余計なことしないようにだけ心がけて、もうブレーキに耐えるのも、お尻を移動させるのも、限界に達してきたので終了。
次来ることがあったら、ショートコースで左回りを練習しよう。

それにしても、全然怖さがないバイク。タイヤのおかげもあるのだろうけど、ミスっても何とかしてくれる。
まだまだ全然先があるよ~と余裕の受け答えなのだけど、操縦者のキャパを完璧超えてる。
ポテンシャルのほんのサワリだけでも僕にとっては大満足なので、ちょっと可哀想かもなぁ~なんて思いました。

今まで、直線と右左折しかしてなかったわけですが、やっとタイヤの皮むきができました。
P2282452.jpg
んで、このタイヤは雨の日は走らないほうがいいですよ!と言われましたよ。
滑る気配ナッシングな絶大なグリップ感は素晴らしいんですけどね。遠出するときは困るなぁ~。

しかし、帰りの高速は辛かった・・・
タグ:サーキット
nice!(17)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車