So-net無料ブログ作成
検索選択

APOCRYPHA - THE WHITE MASS - @Zepp Tokyo [BABYMETAL]

BABYMETALのファンクラブ限定ライブ「APOCRYPHA - THE WHITE MASS -」に行ってきましたよ。
news_header_AL7K5192.jpg
驚くべきことに4月の小箱ライブに続き、またまた限定ライブに当ってしまったのでありますが、今回は白ミサと呼ばれる通り、ドレスコードが白塗りなのであります。
そう!いよいよワタクシも顔を白く塗る時がきたのでありますよ。

というわけで、まずは塗料。
IMG_3772.JPG
そして、工具類を揃えまして、
IMG_3773.JPG
練習を4回ほど。これが結構楽しくて、まったく別人になってしまうなることに喜びを感じてしまうワタクシであります。
出来上がるたびにカミさんに見せに行って顰蹙をかうという・・・(^^;

さて、当日でありますが、前日の灼熱地獄と打って変わって大気が不安定ということで豪雨地獄であります。
3時頃台場に到着しましたが、もはやどうにもならないぐらいの雨がじゃんじゃん降りで、物販待ちでは傘をさしていても腰辺りから下は水煙でずぶ濡れであります。
これでは化粧どころではないので、ネットのお知り合いがクルマで来ていたので避難させてもらい助かりました。

ありがたいことに6時の入場開始の頃には雨も上がり、1500番台というクソ番で入場。今更前の方に行ってもツライだけなので、女性エリアの後ろのハッピーモッシュッシュエリアに陣取りました。
IMG_4159.JPG
フロアーが1段上がって女性陣が居てその後ろですので、ステージはちゃんと見えます。そのうえ、暴れちゃいけないエリアなので超快適にじっくり見ることが出来ました。

ほぼ定刻に紙芝居スタート。THE WHITE MASSの幕開けだ!からのBABYMETAL DEATH
今日はなんだかものすごく冷静。周りの熱狂を見て取り残され感も感じつつ、ギミチョコ、ドキモ、かくれんぼと進みます。

かくれんぼの間奏時、すうさんのウェーブ作ろ~!のご命令がありまして、ゆいちゃん側からスタートして何回か往復。すうさんのあおりは全部英語。ゆいちゃんともあちゃんは日本語で。
後ろから見てると、すごく綺麗にウェーブできてて、真ん中来た時にすうさんが笑顔で手を上げてジャンプしてました。ええわぁ~(8/21追記)
しかし、まさか今日は1stの日?とちょっと心配になってきましたが、壮大なオルガンが鳴って、こりゃなんじゃ?と思ったらSis. Angerですよ。根性を叩き直されました。この曲初披露なんですよ。
で、前日にアモーレやっちゃったので、今日はあれでしょ~と予想通りに紅月。なかなか聞けませんアモーレ。
news_xlarge_AL7K4308.jpg
それにしても音最高ですよ。PAの横なのもあるかもですが、バックは上から下までくっきり聴こえて、その上にすうさんの声が突き刺さるように載ってくる。PAさん、最高です!

ほんで、ド・ド・ド・タからのメタ太郎やって、またオルガンのコードがピヤ~と鳴って、何?と思ったらシンコペ!
やったぁ~ですよ。イントロむちゃくちゃカッコ良い!のに、ここでオイオイ叫ぶのか?ここで叫ぶか?カッチョいいギターが聴こえねぇ~。
なんだか、どの曲でも馬鹿の一つ覚えみたいにオイオイやられるのやだなぁ、ほんと。
でも、たぶんこれがデフォになるんだよね~(^^;
前は少なかった紅月のケチャも普通になっちゃって、あれ周りでやられると不快なワタクシはじっと耐えるしかないのであります。
別にみんなで同じことやらなくてもいいと思うのよ。ぜひご新規さんにおかれましては、周りに流されること無く自分が楽しい聞き方をしていただきたいと切に願う初老であります。

ほんで、KARATEやってイジメからWe are?やってsee you!

平和な環境だったので汗もかかず、けれどもドーラン塗った鼻がひたすら痒いのにかけない上に、どうも白粉アレルギーらしくやたら鼻水が出るのに鼻かめないという苦しみに、音楽になかなか没頭できずちょっと不完全燃焼気味なライブでありましたが、普段のライブでは聴けない細かいところまでじっくり聴けたので満足であります。

最後に、もしかして期待してる方もいらっしゃるかもしれないので、ワタクシの白塗りフェイスをご覧いただきましょう。ちゅうか、なんかウレシクて人に見せたいのよねw


こちらです!


news_xlarge_AL7K3923.jpg


ちゃんと写ってますぜw



ってガッカリさせちゃうわけにもいかないでしょうから、ちっちゃい写真を初公開デス。


IMG_4148.JPG


APOCRYPHA - THE WHITE MASS - @Zepp Tokyo 2016/8/18 セットリスト

0.紙芝居
1.BABYMETAL DEATH
2.ギミチョコ
3.ド・キ・ド・キ モーニング
4.Catch me if you can
5.Sis. Anger
6.紅月-アカツキ-
7.META!メタ太郎
8.シンコペーション
9.KARATE
10.イジメ、ダメ、ゼッタイ
タグ:Zepp Tokyo
nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

夏のひな涼み2016 [さくら学院]

さくら学院が出るというので、夏のひな涼み2016というイベントに行ってきましたよ。
IMG_4236.JPG
夏の締めくくりに日比谷野外音楽堂でアイドルを愛でましょうというライブであります。まあ、夏の野音ですから当然降ってくるわけですよ、雨が・・・
というわけで、買ったばかりのバイク用カッパとバイク用防水ショートブーツ持参で準備は完璧!

アイドルフェスなんざほぼ初めてであります。
ほぼ、というのは真夏にTOKYO IDOL FESTIVAL通称TIFに行ってみたからなのですが、この時はさくら学院まで持たずに敗退いたしました。真夏のお台場は人類が生息できる環境ではありません。

というわけで、ほぼ初となるアイドルフェスティバル、どんなもんなのだろうと不安と期待が膨らみます。

先行で取ったチケットはなんとAブロック。野音でこんなに前だったことは未だかつてありません。
IMG_4241.JPG
ステージ目の前ですよ。うひょ~

この日は、さくら学院を入れて7グループが出演。バンドと違って楽器類のセッティングがないので、転換も非常にスムーズ。オープニングアクト2グループ、本編5グループがどんどん入れ替わっていきました。

さくら学院は本編2番目。
いつものようにKiss Me Againから学校のチャイムが鳴って12人登場。ベリシュビッッからHANA*HANAと進みます。
そして、夏にふさわしい曲をやりますと言ってゆずの夏色ですよ!自前の曲並の振付とフォーメーション。しかもフラッグ使用。
482244_400.jpg
驚きです。今彼女達はさくら学院として初となるお芝居の舞台の真っ最中なのですよ。その稽古で1秒でも惜しいはずなのに、ここまでやってくるとは・・・
8/24から始まった舞台は、9/4の千秋楽まで全13公演。席数160という小劇場での開催なのですが運良く2公演チケットが当たりました。これについては後日書くかもしれません。

話を元に戻して、ゆずのカバーの次にはフレンズ、そして夢に向かって。会場にピンクのフラッグがピンクの海のようにたなびいてワタクシにとってのメインイベントは終了しました。
482250_400.jpg
もう素晴らしいのヒトコトしかありませぬ。

雨がスゴイことになってきましたが、透湿の完璧防水カッパだし気温が低いので却って暖かくて快適なぐらいなので、結局最後まで全部のアイドルさんを観ました。
全体としては、観客を元気に盛り上げるために、その手の曲が連発されます。アイドル界隈では、元気に盛り上がる=オイオイコールやタオル回しみたいなので、短い持ち時間で盛り上げるためかもしれないですが、大体似通ったテンポ雰囲気の曲ばかりになるという感じは受けました。あと、ジジイには歌詞が聴き取れない。中には、いきなり皆歌え!ってグループもあったけど、フェスって君ら知らん客も来てるんだから無理でしょ。

ほんで、気に入ったアイドルさんは、オープニングアクト2番目のまなみのりささんと最後のNegiccoさんですかね~。

まなみのりささんは、楽曲がイイ。とてもイイ!3人のハーモニーも素敵で。10年目を迎えたと言ってましたけど、全然知らなくてごめんなさいって感じ。
伝えたい!という気持ちがすごく伝わってくるステージでした。

https://www.youtube.com/watch?v=y4N30_XxKbI
なにしろ、回る回る~で前の人達が回っていきなりこっち向かれてビックラしました(^^; 前向いてるワタクシに向こうもビックリしたかもしれませんがw
で、こんなすごい人達がOAだったら本編は凄そうだなと思ったらそうでもなかったとか・・・

Negiccoさんは、なんだかガツガツしてない感じがすごく良くて、ふわ~っとしているのだけど、これまたよく出来た楽曲を素敵なハーモニーできっちり聞かせてくれるんですなぁ~。不思議な人達だった。

https://www.youtube.com/watch?v=wfyxftN-Xrg
そして、生楽器としてホーン2本とサックスが入っていて、それだけでも曲が活き活きとしてめちゃファンキーで最後にスゴイの観ちゃった!と思いました。

あと、これはスゲ~と思ったのは、あゆみくりかまきさん。
もう盛り上げることに命をかけてる。猛烈なラッシュ!バキーンと伸びてくるヴォーカル。そしてキメ以外の時間のフリーフォームのダンス。どこを切ってもパンクロックしてて、これなんで後ろにバンドいないの?
観客が一番狂ったのは彼女達の時間でした。でも激しすぎてジジイには無理!

と、まったく予習しないで初めて見るアイドルさん達のライブを観たわけであります。
観終わって思うのは、アイドルという仕事の大変さ。彼女達のモチベーションを維持している源泉は一体何なのか、ワタクシには少々謎であります。けれどもひとつだけ言えることは、彼女達の努力の結果として、あの時間ワタクシは笑顔と元気と多幸感を貰えたってことです。

両隣のおっさんと肩組んでラインダンスやったことなんてこれまで一度もないからね~(*´ー`*)


夏のひな涼み@日比谷野音8/28 セットリスト

1.ベリシュビッッ
2.HANA*HANA
3.夏色(カバー)
4.Friends
5.夢に向かって
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽