So-net無料ブログ作成
検索選択

The Dead Daisies LIVE&LOUDER TOUR2017 @SHIBUYA QUATTRO [音楽]

去年のラウドパークでDMLの次に気に入っちゃったバンド、「The Dead Daisies」!
ついに来日したので、行ってまいりましたよ。
IMG_5467.JPG
場所は、渋谷クアトロ。ちっちぇ~(^^;
先日のドラゴンフォースといい、なんで・・・と思わないこともありませんが、これもご時世なのか。
でも、そのおかげでむっちゃ近くで、ものすごい人たちが演るのを観れるのでありますから、まったく文句はありません。
バーにも寄らず、上手スピーカーの前辺りに陣取ります。女性比率が非常に高い。モトリーのファンなのかな?
IMG_5468.JPG
去年知ったばかりのニワカですが、調べてみるとオリジナルメンバーはデイヴィッド・ローウィー(g)1人しか残ってないのですね。
オーストラリア出身の人らしいですが、それ以外はむっちゃ有名人で固められたバンドであります。
body_195405.jpeg
voは元モトリー・クルーのジョン・コラビ
gは元ホワイトスネイクのダグ・アルドリッチ
bはブルーマーダーやホワイトスネイクのマルコ・メンドーサ
dsはホワイトスネイクやスラッシュズ・スネイクピットのブライアン・ティッシー
前にも書きましたけど、ホワイトスネイクはあまり好きじゃないんですけどねw
ジョン・サイクスのブルーマーダーはもう超大好きバンドです。

なにゆえに、デイヴィッドさんがこんな恐ろしいほどのおっさん達と一緒にやっているのか訳わかりませんが、ライブを見ていると、サイドギターに徹しているこの優しそうなお爺ちゃんの人柄が、こんなあっという間に分解しそうな猛獣おっさん達を結びつけているような気がしました。

で、ライブでありますよ!
去年より、もう一回りも二回りもデカくなったようなステージングでした。出足から客席は盛り上がって、その後一度も下がることなくエクスタシーの極みへ・・・
IMG_5470.JPG
ラウパでも感じましたけど、ボクの考える良いハードロックを具現化するとこうなる!ってライブでありまして、お客を楽しませることに全身全霊を捧げているプロフェッショナルな職人さん達の仕事ぶり!もう楽しくて楽しくて、あっちゅう間の2時間でありました。

ジョン・コラビの盛り上げの上手さや、ブライアン・ティッシーのパワードラムはもう凄すぎて、特にドラムはもう筋肉大勝利!
華奢な東洋人には絶対に無理です。ボンゾみたいな素手ドラムもやりましたけど、けっこう長時間凄まじいスピードとフルパワーでぶっ叩いて壊れない手!どんだけ皮が厚いんだ?って話ですよ。
そもそもスティック使っても、あのパワーでずっと叩いたら手の指がマメだらけになっちゃう・・・

得意のスティックをヘッドで跳ね返らせて飛ばす技も披露してましたが、いかんせん天井が低いので照明に当たってどっかにすっ飛んでいってしまうので、すぐに止めてました。
低い方のフロアタムに水(もしかしたら汗)撒いて、ぶっ叩く度に飛沫がブワ~っと飛んだり、スティックのチップの破片が余りのパワーに砕けてピンピン飛んでいるし、曲途中でスネア交換してましたw
まさに正統派ロックドラマーの鑑!もうブライアン・ティッシー見てるだけで元とれますw

そしてとにかくライブに客を参加させる。メンバー紹介タイムにはラ・バンバまで歌わせられました。
古いハードロックのカバーからニューアルバムの曲まで、全ての曲のスタイルは70年台ぐらいのHRです。けれど、技術は今時なので若者も楽しめてるのかな・・・
古い曲を古いままで演られると、やはり僕も途中で飽きますが、このバンドはそれがない。ライブの最初から最後まで、ず~っとアホになれる稀有なバンドです。しかもメタルじゃないので、ホンワカと平和な客席でありました。

最近、グランドファンクの名曲をカバーしたのですよ。グランドファンクなんて名前を聞く事自体が何十年ぶりかな。後楽園ライブのとき僕は中学生だったですわ。超懐かしい・・・

https://www.youtube.com/watch?v=SoOLC54OK7w
最後に一言付け足すなら、この人達の真価はライブを観ないと分からんです!スタジオ録音では、まったく見えてこない彼らの楽しさをぜひ現場で!
IMG_5483.JPG
このツアーでは、ヨーロッパたくさん回って日本から南米アメリカカナダ!でもyoutube見ると、日本の客が一番盛り上がっていたみたいな気がする(^^;
彼らには毎年来日して欲しいので、ファンになってくれる方を絶賛募集中です(๑•̀ㅂ•́)و✧

ライブCDが出てます。DVD付きもありますが、インタビューとドキュメントなので、なくてもいいかと・・・両方タワレコで売ってます。

The Dead Daisies LIVE&LOUDER TOUR2017 @SHIBUYA QUATTRO 2017.7/5 セットリスト

1.Long way to go
2.MEXICO
3.Make some noise
4.Song and a prayer
5.Fortunate son
6.We all fall down
7.Lock'n load
8.Last time I saw the sun
9. Drum solo
10.Join togther
11.All the same
12.With you and I
13. Band intros
14.Mainline
15.Helter skelter
16.American band
17.Midnight moses

E1.Highway Star

タグ:クアトロ
nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 6

やなぼー

"I've got blisters on my fingers!"
って、ドラマーが最後に叫んでる曲が15曲目に入ってますね~!
(^_-)
by やなぼー (2017-07-08 05:56) 

パグ太

やなぼーさん、おはようございます!

わお、歌詞知らんかったです!普通の人はそうなりますw

でもって、アンコールがハイウェイスターというw
by パグ太 (2017-07-08 07:49) 

Speakeasy

ザ・デッド・デイジーズのライブ・レポート読ませてもらいました。
面白そうなドラマーですね♪
パグ太さんの文章から、凄さが伝わってきました!

私の世代の曲では無いですが、グランド・ファンク・レイルロードの「We're An American Band」・・・
この曲のプロモビデオが、私のビデオ・コレクションとして外付けHDDの中に落としてありまして、時々思い出したように観たりするので、全く懐かしくないです(笑)
映像と合わせて、とても好きな曲です♪

やなぼーさんと被りますが、私も「Helter Skelter」を聴いてみたいな~
ハードロック・バンドがビートルズをカバーする時に「Helter Skelter」を取り上げるのは、半ば義務の様な気がします(笑)

by Speakeasy (2017-07-08 18:01) 

tai-yama

ドームやアリーナじゃなくてもライブをやってくれるのは
ある意味良い時代になったのかも知れませんね。
アリンコ大のアーティストを見るよりは絶対良さそう・・・。
by tai-yama (2017-07-08 21:15) 

パグ太

Speakeasyさん、こんばんは~

レイルロード付きを日常的に聴いている方を初めて知りましたw
PV見ちゃいました。泣けます・・・しかもなんと再結成して今もやっているのですね!知らんかったです。

Helter Skelterはラウパの時と違って、間にツェッペリンのリフ(後期アルバムの曲?)がねじ込まれていて、よりライブ向けの仕上がりになってましたよ。
他にもカバー曲があったみたいですけど、クラシック・ロックを相当手広く聴いていないと分からないですね(^^;

by パグ太 (2017-07-08 22:13) 

パグ太

tai-yamaさん、こんばんは~

小箱で見れるのは本当に幸せです!
けれどもやっぱりビジネスなので、あれだけのスタッフ連れてきて(ドラムテックなんて獅子奮迅の戦いでしたw)ちゃんと稼いで帰ってもらいたいとも思うわけでありまして、あまり儲からなかったら次から日本が外されちゃうという心配が・・・(^^;
まあ、今回は東京がソウルドアウトだったので、次はもうちょっと大きくなるのではないでしょうか。
by パグ太 (2017-07-08 22:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。