So-net無料ブログ作成
検索選択

さくら学院祭☆2016 @舞浜アンフィシアター 2016年11月12日 [さくら学院]

それまでの真冬の寒さがウソのような超絶ポカポカ陽気の週末、さくら学院の秋の恒例行事、学院祭に行ってきましたよ。
IMG_4698.JPG
場所は舞浜アンフィシアター。夢の国に隣接する、半円形の舞台をすり鉢に円弧状に配置された座席から見るという素晴らしいホールです。傾斜がけっこうあるので見やすいし音も素晴らしく良い。
ただ、取れた席番がイマイチでして、初日は上手端っこの20列目。2日目は下手端っこの16列目という悲しい現実…

席に着くと、視界はこんなであります。まあ悪くはないけど良くもない。
IMG_4703.JPG
授業開始のチャイムが鳴り「目指せ!スーパーレディー」からスタート。
美澪奈が顔がウルサイネタになってたり、めぐのセリフが3本の矢になってたり、転入生の緒心(つぐみ)の新喜劇やぶりっ子の何が悪いんですかの萌々穂(ももえ)、そして訛りキャラゆずみが新たに追加され、森先生の筆が冴え渡った今年度の新しいスーパーレディーになりました。そう、まさしく倉島レボリューションが起きてます。

そこから「School days」と「Hello! IVY」を続けて。
ひたすら藤平華乃を目で追ってました。遠いのでちょっと目を離すとどんどんポジションが変わるせいで見失う。必死こいて探すの繰り返し。
誰かがソロを歌うときや、幾つかのグループに分かれていて一つのグループが歌うって時に、他のメンバーが静止する振り付けが良くあるのですが、彼女は何故か片足を上げた状態で止まることが多い。その時に、全くぶれないのですよ。
直前まで動いていて、すっと片足を上げた状態で止まる。それもピッと。そしてまたそれまでと全く変わらず動く。
動きの連携もとてもスムーズで綺麗。もう個人的にべた褒めです。

小芝居を挟んで部活動。さくら学院の部活動とはグループ内ユニットのことです。

まず最初に登場したのは帰宅部SLEEPIECE。大賀咲希が卒業してしまったので1人足りません。
そこを埋めたのは~


藤平華乃でありました!!

人選のオーディションでいろんな物語があったようで、その辺を小芝居で演ってましたが、咲希ちゃんの後釜は華乃ちゃんしかありえない!
CpksNzvVIAAFAEl.jpg
もう私情入りまくって大興奮しております。
news_xlarge_DSC_8842.jpg
ところが、曲が始まると彼女にトラブルが起きました。それに必死に対処しながらも、ポジションチェンジは忘れず、手は無理だったけどフリもできるだけやって、なにより笑顔を崩さずちゃんと復帰したのは素晴らしかった。
年齢のことを言われるのは彼女にとっては不本意だと思いますけど、並の小学6年生の心臓ではないし、絶対やり遂げるというプロ根性を見せてもらいました。
彼女の部活動デビューでこんな事故が起きて一番悔しいのは本人だろうと思うけど、次はぜひ!
そして、あとのMCのときに、あやまる彼女を励ますメンバーがとても素敵でした。

それから、すでに活動しているクッキング部ミニパティを挟んで購買部。

有友緒心(つぐみ)が購買部に正式入部しました。これまで仮入部だったのだけど、なんで仮だったのかは不明。
ステージに出てくるときの「みなさ~ん、購買部からのお知らせで~す!」のセリフが、しーちゃん(今年卒業した白井沙樹)の声に聴こえてドキドキしました。
それ以降緒心の声を意識して聴くようにしたのだけど、低域のふくよかな感じがしーちゃんに似てないこともない。けど、やっぱりかなり違っていて、あのセリフは昔の録音のままなのではないか疑惑がワタクシの中で生まれました。真相は如何に!
で、緒心は商売繁盛のハッピを着て手にはソロバンという、完璧にお笑い担当の地位をゲットしたみたいです。
news_xlarge_DSC_8936.jpg
物販紹介でイッパイイッパイの吉田爽葉香と「ほ~~い」とすっとぼけた緒心の小6コンビはオモシロ可愛いすぎて耐えられません。

2016年度のこれまでの振り返りビデオが流れた後、何故か山出愛子ひとりがステージに登場。
そして、ステージど真ん中のせり上がりからグランドピアノが上がってきました。
なんと山出愛子ソロのピアノ弾き語りです。
news_xlarge_DSC_9950.jpg
演ったのは、AIさんの「ハピネス」。難易度高いです。しかもピアノのアレンジがやたらと難しいリズムにしてあって、すごく高い壁だったと思うのですが、立派にやりきりました。
中2ということを考えれば、もの凄いことを達成したと思います。原曲は、ねっとりと力を入れて歌い上げるような曲ですが、すごく素直な全く違う歌い方だったのもとても良かった。このまま伸びていって欲しいなぁ~

今年は演劇志望の娘のためには芝居「秋桜学園」。モデル指向のメンバーには課外授業と称する外部での活動。そして、歌手志望の愛子には、このステージを用意したのでしょうか…
なんだか3人共引退しちゃった2015年度ショックが、さくら学院の目的をより明確化したような感じで良いことですね。父兄にとって良いかどうかは分かりませんが…

そして、毎年恒例目玉企画のサクラデミー女優賞が始まりましたが、こればかりは現場行ってないとその威力はご理解いただけませんので省略。
ただ、一つだけ言えるのは、去年は照れが出ちゃうメンバーもいましたが、今年は全員が芸達者。秋桜学園効果は凄かったというか、その裏でどれだけ大変な思いをしてきたのかが鈍感なワタクシにも分かってしまうぐらい全員のレベルが高かったということであります。なかでも転入生の中1新谷ゆづみの凄さががが

おかげで和んだ、というよりも興奮した状態で今年の新曲「Melodic Solfege」。フルのダンスバージョンのお披露目です。
賢くなれるシリーズ第8弾は、クラシック音楽の巨匠と代表曲が覚えられちゃうという曲で、昔のプログレ組曲風に脈絡なく旋律が引っ付いているという難解な作りとなっております。
よく切替部分の音とリズムを取れるなぁと思うのですが、これ必死に聴き込まないと覚えられない…
しかもダンスがこれまた凄い。チャイコフスキー楽章の間奏では岡田愛のソロダンスがあって、得意のバレエの技を繰り出してきました。けど卒業しちゃったらどうするんだろ?

それから、「Pumpkin Parade」。今回も華乃ちゃんがかぼちゃ役でした。
去年落っこちちゃったからか、今回は降りる時にすごく慎重にやってました。

MCタイムを挟んで「FLY AWAY」
この曲のイントロのところの腰に手を当てて左右を向くトコと、Aメロでのヘコッヘコッっていう振り(謎ですよねw)が大好きなのであります。

続けて「オトメゴコロ。」
始まった途端に違和感!イントロのギターの音が違ってる。
リズム隊が前に出てきて、伴奏が4人バックバンドが付いたような完全なロックチューンになっていました。そのせいかメンバーの歌もチカラが入っていていつもと違ってた。ソロ部分がちょっと力み過ぎな気もしたけどw
こういう変化はいいですね!さくらの楽曲ってアレンジも素晴らしいので、それが生演奏に近づいていくと感動がより高まる気がします。将来は楽団付けて欲しいなぁ~、絶対やって欲しいなぁ~

そして「Friends」やって本編終了。

アンコールは、「未完成シルエット」からですよ!あ~もう最高です。
この辺から感情ミルフィーユがぐちゃぐちゃに・・・

続いて「キラメキの雫」。聴きたかったけど聴きたくないという複雑な爺ゴコロ。
15年度の曲「キラメキの雫」は、新しい声で一新されていました。なんだかぽろぽろ涙が出ちゃってちょっとつらいキラメキでした。

2日めに続く…


さくら学院祭☆2016 @舞浜アンフィシアター 2016年11月12日セットリスト

01.目指せ!スーパーレディー
02.School days
03.Hello!IVY
 寸劇
04.走れ正直者(帰宅部sleepiece)
05.しゃなりはんなりどら焼き姫(クッキング部ミニパティ)
06.ピース de Check!(購買部)
07.ハピネス(山出愛子ピアノ弾き語り)
08.Melodic Solfege
09.Pumpkin Parade
10.FLY AWAY
11.オトメゴコロ。
12.FRIENDS

ENCORE

E1.未完成シルエット
E2.キラメキの雫


さくら学院のステージでは初めての集合写真
CxET9ZaUoAAK9hX.jpg
あの~、画角が狭すぎであります( ;∀;)


*ステージ写真は、音楽ナタリーのレポートより拝借いたしました。ぜひこちらもご覧ください。
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 2

tai-yama

舞浜にこんな立派なステージがあるとは。
ライブだからこそハプニングも・・・・その場で見ている人にとっては
嬉しい演出になったり。(舞台の本人にとって不本意なんだろうけど)
by tai-yama (2016-11-15 23:34) 

パグ太

tai-yamaさん、こんばんは

そうなんですよ~。素晴らしいホールでした。
収容は2000人ちょっとだったかな・・・後ろでも見やすくて良かったですよ。

大人ならハプニング嬉しいんですけどね(^^;
子供だと・・・ほら、父兄だからw
by パグ太 (2016-11-16 00:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0