So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

電線病 [オーディオ]

まだスピーカーをオーバーホールに出す前に発症した、感染力が高く非常に致死率の高い病気のお話

      --------------------------------------------

中古のレコードプレーヤーを買った時に一緒に付いてきたフォノケーブル(トーンアームとアンプを繋ぐケーブル)が、トーンアームのコネクターにハマらなかったので、ベルデン88760の新品ケーブルを購入して使っていたのでありますよ。
なにしろカートリッジが良い音なので、こりゃあ素晴らしぃ~って感動しまくってたわけですな。

でも、そのハマらないフォノケーブルっていい感じに古びてまして、放っておくのがもったいないのでコネクターに刺さる部分をナイフで削って使えるようにしてみました。そしたら、出てくる音にビックリしたわけなんですよ。

下がど~んと出て、逆に中高域がすごくスッキリしてしかも綺麗に伸びてる。
今までのベルデンが余計なものをひっつけてる感がすごくするようになってしまいました。愛が冷めてしまったわけですw

なんじゃこれは!とケーブルの小さな文字をルーペで見てみたら、モガミの2497というケーブルでした。
まあベルデンが正確に伝えていて、モガミはそれを削ってしまっているという聴き方もあるだろうけど、僕にはドラムがリアルに聴こえるほうが圧倒的正義。

で、大昔の道具箱をひっくり返してたら昔作ったアンプから切り取ったらしきケーブルのペアが1mほど。
これがなんとモガミの2497ですよ!
IMG_6219.JPG
さっそくモガミのRCAピンをハンダ付けして、プリとパワーの間の接続に使ってみたら、いや~素晴らしいよこれ。

で、そういえば昔作って放ったらかしてる真空管のプリに直付けケーブルが付いてたよな、と思って物置をひっくり返して出てきたのも2497だった。
速攻切り取ってRCAピン付けてCD-プリに使用。
かなり耳がバカになってきているのに、若い時に良いと思ったものを今でも良いと思えることにちょっと誇りを感じましたw
つうか、昔いろいろ試して決めてきただろうにその事すら全部忘れてるのもどうかと思うが・・・


今は世の中に数限りなく超高級ケーブルがあるわけですが、20年も30年も前に製造していたケーブルを今でも実直に作ってるモガミ電線ってスゴイと思うんですよ。そもそも電線の役割なんて昔から変わりませんからね。かえって音が良くなるっちゅう方がオカシイわけでして。
なので、モガミさんに敬意を表してスピーカーケーブルもモガミにしようじゃないのと2804ってのを買いました。中古だけど(^^;
しかし、うちの電線としては破格の高級ケーブルであります。

ところでこれ線材が猛烈に細いので、普通に作業したんじゃ銅線がブチブチ切れちゃいそう。
そこで必要なものは、バーナー型のライター!
IMG_6235.JPG
カッターを炙って、ちんちんの状態で表皮に当てて溶かして切るのであります。カッターを押し付けて切っちゃうと銅線に傷がついて切れてしまうから。
この方法はこちらのサイトで学習いたしました。ありがとうございました。

1層目のビニールを剥いた状態。
IMG_6238.JPG
銅箔が巻いてあるように見えますが、細い銅線がミッチリ巻いてあります。
それをまとめてどけると、中に透明なビニールに包まれてもう一回り小さい銅箔状態の銅線が見えます。
IMG_6240.JPG
その透明ビニールを溶かし切って外した状態がこれ。

小さい方もまとめてどけると、やたらと硬いビニールの芯材が出てきます。
IMG_6242.JPG
これにミッチリ巻いてあったわけですな。

で、ホントは圧着の方がいいのだろうけど、ソリッドの銅線にハンダ付けして収縮チューブで保護してこの状態
IMG_6243.JPG

スピーカーに繋いだらどうだったかというとですね、これまたすごく良かったのですよ。
当初の予想では、低域が大人しくなって高域が伸びるだろうと思っていたわけですが、なんと低域はもっと伸びて中高域がすごく整理された音になったの。
それではここで、これまで付いていたスピーカーケーブルを見てみましょう。

ベルデン・・・´Д` )

それ以来我が家でベルデンを見た者はいない・・・
まあ、好みの問題だからね(^^;


ここまでやった状態で、スピーカーユニットはオーバーホールに旅立って行ったのであります。
この4週間、どんだけ戻ってくるのが待ち遠しかったかお分かりいただけますでしょうか。

次はモガミ2803を試してみようと思うの。あっと、その前にフォノイコライザーも欲しい・・・(^^;
IMG_6004.JPG
あ~あ、重症だこりゃ・・・

それにしても元祖神のギターが素晴らしいんだなぁ~、これが。もう泣きそう
IMG_6290(1).JPG
nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

オーバーホールその3 [オーディオ]

東北方面に旅立ってから4週間。
ついにオーバーホールに出していたスピーカーユニットが戻ってきましたよ。
IMG_6269.JPG
ウキウキでボックスを開けると、ピカピカであります。
IMG_6270.JPG
まるで新品!
IMG_6272.JPG
エッジもすごく綺麗に仕上がってます。
IMG_6276.JPG
さっそく組み込みます。
IMG_6274.JPG
エッジが光ってますよ~

スピーカーの修理でこんなもんが要るとは思わんかった・・・
IMG_6289.JPG
まあドンガラの方はできることはほぼ終わっているので、あっちゅう間に完成・・・

のハズでしたが、裏蓋についているターミナルに接続する4本のコードのうちの2本にプラス側を識別するために付いてた赤テープが床に落ちている(^^;
どれがどれやらw
IMG_6208.JPG
仕方ないので分解したときに撮っておいた写真を鑑定。

コードの微妙な曲がり具合から無理やり判断して接続しました。
何かを分解するときにはとにかく記録が大事w


何はさておき音出し!


驚きですよ。
いっぺんにあれこれ変わっているので、何がどう寄与したか分からんけれども、上も下も真ん中も激変しました。つまり全部w

あまりクッキリハッキリしてるのは嫌いなので、ちょっと心配してたのだけど、確かにボワボワしてた低域はかなりクッキリしたし、混沌のうちにあった高域もハッキリしたし、なにより中域の霧が晴れたかのごとく見渡せる感がスゴイ。のだけれども、それらが分解しているのではなくて、柔らかく包み込まれるように届くところは変わってない。

いやもうホント幸せ。ますます引きこもりに拍車がかかるよ、これ(^^;
オーディオラボ オガワのスピーカーサービス部の皆様にはただただ感謝です!

とっとと仕事終わらせて早くコレ聴きたい!
IMG_6288.JPG
nice!(7)  コメント(4) 

うどんツー改めカツ丼ツー [ツーリング(GSX-R750)]

火曜日の会T4Cで、秩父の奥、上野村にある峠のうどん屋さんに行こうというツーリングを企画しました。

4月は雨で2回延期となりボツかと思われましたが、5月定例にようやく開催の運びとなったのであります。

当日は真夏日という予報。悩みましたがメッシュウエアーで出陣です。
ドピーカンの中、待ち合わせ場所の東松山のセブンイレブンへ。すでに暑い・・・
P5155077 (2).jpg
最近珍しい7台でのツーリングとなりました。大盛況であります。

K172をひたすらまっすぐ。白石峠から定峰峠。峠からK11入ってK361を左折。天空のポピー畑を抜けてK82を右へ。パラパラと咲いてました。
皆野からK37入って途中の龍勢会館で休憩。

うどん屋さんにTELしますが出ない。早くも行く手に暗雲が・・・(^^;

しかし、とりあえず前進します。K71で土坂峠を越えてR462を左折。この峠好きだなぁ
で、ひたすら神流川沿いを遡ってK45へ。
3回電話しても出ないのでほぼ諦めてましたが、せっかくここまで来たし覗いていこうと藤屋まで行ってみましたが、見事に玉砕。さらに苦手のUターンはやばかった(^^;

とっととセカンドプランのきよしや食堂に切り替えます。

下仁田駅前に到着。
鉄分豊富なメンバーが喜んでいたので、一緒に写真撮っておきましたが、見どころが分からないので漫然とした写真に(^^;
P5155080.jpg
その代りと言っちゃあなんですが、メシはドアップで
P5155086.jpg
大変おいしゅうございました。

で、帰りはK193を甘楽(かんら)まで行って、そこから待望のK46へ
入り口の谷間には、沢山の鯉のぼりが風の中を泳いでいて壮観でありましたが、この険道は一言で言って凄い道!走れば感動でお腹いっぱいです。

とくに塩沢峠越えてしばらく行ってからのコンクリート下り坂ってば、スキーの上級コース直滑降レベルw
リアはバタバタ暴れるし前に転げ落ちそうになるし、いやもうスゴイよ。

ようやく降りてきてR462と合流したところで力尽きて休憩。
ニーグリップでもも肉死亡であります。

予定ではもう一山越えて花園ICだったのだけど、もはやひとりも行きたい人が居ないので、R462をチンタラ走って本庄児玉ICから高速乗って寄居Pで解散しました。

やっぱみんなで走ると楽しいなぁ~
ちなみにT4Cではメンバーを募集しておりますので、火曜日がお休みでツーリング行きたいなぁという方は、HPをご覧下さい。
nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク
前の3件 | -