So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

LIVE AT WEMBLEY [BABYMETAL]

今日は何の日だ~?

まあ分かりませんわなw
実は6年前の今日、さくら学院重音部が横浜赤レンガ倉庫で始動したのでありますよ。
今日は、なんとBABYMETAL6周年記念日なのであります。
CyRcXhnUsAA-sP0.jpg
ちっちゃくてダンスもヒヨヒヨでありました。もしワタクシがこの時の彼女たちを見ても、絶対また見たいとは思わないですわ。正直なところ・・・
SU-METALがどれだけすごくても、やはり神バンドがいなければ彼女たちのファンにはならなかっただろうと思います。
なので、この頃が見れなくて残念だったと思うことはないのでありますが、神バンド降臨後のライブは全部観たかった!
それだけは一生の不覚であります。

というわけで、11/28は祭日にしてもいいのではないかと思うワタクシであります。

ってな話は置いておいて、今日の主題はBABYMETALの新しいBD「LIVE AT WEMBLEY」であります。
今年の春、ワールドツアーキックオフとして行われたイギリスはウェンブリーアリーナでのライブの映像記録が発売されたのでありますよ。

https://www.youtube.com/watch?v=t4yXqzC710M
ちょっとでもBABYMETALに興味があるという方は、絶対に買うべき逸品です。
BABYMETALの現在が完璧にパックされた、現場の空気がそのまま記録された映像であります。
これまで出たものとは異次元のクオリティー、それは音も画像もですが・・・ちょっと驚くべきものがあります。

メイトだから盛ってるだろって思われるかもしれませんが、これは掛け値なしに凄いです。
もちろんワタクシは始まった途端に号泣しましたが、一般人でも心がグイグイ動かされることは間違いありません。
1stアルバムの曲も2ndの曲も、全く違和感なく溶け合って、どちらも紛れもなくBABYMETALの楽曲なのだ!とはっきりわかる素晴らしいライブです。
これまで出た音源の中でどれか1枚、というときには現時点ではこれに優るものはないでしょう。

いや~、あまりに感動しちゃったのでLoGiRL見ながら書いちゃいましたよ。
それにしても、いつも思うんだけど目安箱って企画はあまり楽しくないなぁ~。笑えない。
nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

さくら学院祭☆2016 @舞浜アンフィシアター 2016年11月13日 [さくら学院]

さあ、2日目でありますよ!今日も晴天。最高のライブ日和です。

座席の視界はこんな感じ。
IMG_4710.JPG
昨日よりは4列分前進しておりますが、より端っこに追いやられております。ただ、始まってから判明しましたが、フォーメーションをほぼ真横から見ることができて、彼女たちの凄さを目の当たりにできる位置でした。
彼女たちの横一列というのはホントの直線で、歌って踊っているときに、前のグループは後ろも見ずにバック、後ろのグループは前進して真ん中にいるブループの間にピッタリはまると、あら一直線の出来上がり!というシーンを何度も見ました。
特に今回のステージは円形で余計位置取りが難しいのじゃないかと素人としては思うのですが、もうほんとに頭が下がります。


始業のチャイムが鳴ると、いきなり芝居「秋桜学園」の冒頭部分が始まりました。
黒澤美澪奈演じる七海が寮にやってきたシーン。そこから、まさに「目指せ!スーパーレディー」の替え歌が始まろうとした瞬間に、メンバーに引っ付いて出てきた森先生が「やらせねぇよ~!」と乱入という意表を突いたスタートを切ります。
news_xlarge_1_I8A0736.jpg
そこから、メンバーの希望を全部入れたコント「秋桜学園」へと突入。カオス過ぎて訳わかりませんw

で、2016年の振り返りビデオで気を取り直して「目指せ!スーパーレディー-2016年度-」
今日は、ライブ前にお知り合いからスーパーレディーの時の森先生は絶対に見るべき!と言われたので、しっかり見ましたが、こんなに頑張っていたのか!と笑わせられつつ感動しました。

そして、「負けるな!青春ヒザコゾウ」
成長痛で膝が痛いという歌詞が出て来る若さ満タンの曲でして、コンドロイチンが必要なお年頃にはもはや記憶の彼方であります。痛いことあったかなぁ・・・

続いて「チャイム」、いまだにドヴォルザークに入るとこの音が取れない「メロディック・ソルフェージュ」ときて、「Hana*Hana」今年度に12人で演るのは初めてかな。

ここから、部活になりました。
購買部、クッキング部ミニパティときて、次が新生科学部ロヂカ?
卒業した磯野莉音の代わりに誰が入ったのか見極めようとしましたが、薄暗くて誰だかさっぱり分からない。
最初、麻生真彩かな?と思って双眼鏡で見てみたら、なんと岡崎百々子でした。
news_xlarge_DSC_9936.jpg
百々子ちゃん、すごいですよ。ミニパティやってるのにロヂカ?もですか!どちらも超絶ダンスのユニットですよ。どんだけ頑張ったのだろうと・・・
科学部の楽曲、大好きなんですよ。特に演奏が。もちろん歌もダンスもですが。
今年もまた聴けるのだと思うと嬉しいですなぁ~

で、次は!と思ったら、部活動終わってしまいました。

ええ~~~~っ、帰宅部は?

昨日のことがあるのだから、どっか削って入れて欲しかった(寸劇長すぎだよ)。それとも削られちゃったのかな・・・ひ~

ショックを抱えたまま山出愛子の「ハピネス」を聴いて、サクラデミ-に突入。昨日はちびっ娘グループでしたが、今日はお姉さんチームですので威力倍増でした。

「FLY AWAY」からの「オトメゴコロ。」は昨日と同じ。続くMCでオトメゴコロのオケをバンドで録り直したって話してました。完全生歌の曲が多くなって、このオケのようにガツンガツン来る伴奏でちゃんと歌えるのなら、バンドいけますよね。

そして「message」で旗振って本編終了。
news_xlarge_7_L9A1369.jpg
アンコールは「マシュマロ色の君と」
この曲大好きなのですが、歌割りのときにはよくよく各自の音域を考慮してあげて欲しいと思うのでありますよ。今回はちょっと可哀想すぎました。

そして、最後は「夢に向かって」
卒業した磯野莉音が一番多く歌った曲だと言ってました。なので、たぶんワタクシも一番多く聴いた曲なのでしょう。
毎年違うメンバーが同じ歌を歌う。ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらずなのですね。

さくら学院も同様。毎年咲く桜の花に同じ花びらはないのですなぁ。

今日の「夢に向かって」を聴きながら、観る気にならなくてずっと仕舞ってある2015年度卒業式のBDをそろそろ観る時が来たのかなと思いました。
今のさくら学院は今のメンバーのためにあり、その彼女たちは前だけを見ている。
だからワタクシも今この瞬間のさくら学院をしっかり見ていくべきだと遅まきながら理解したのでありました。


さくら学院祭☆2016 @舞浜アンフィシアター 2016年11月13日セットリスト

 コント「秋桜学園」
01.目指せ!スーパーレディー-2016年度-
02.負けるな!青春ヒザコゾウ
03.チャイム
04.Melodic Solfege
05.Hana*Hana
06.ピース de Check!(購買部)
07.しゃなりはんなりどら焼き姫(クッキング部ミニパティ)
08.デルタ(科学部 科学究明機構 ロヂカ?:Ver2.0)
09.ハピネス(山出愛子ピアノ弾き語り)
 サクラデミー女優賞は誰だ
10.FLY AWAY
11.オトメゴコロ。
12.message

ENCORE

E1.マシュマロ色の君と
E2.夢に向かって


卒業生との記念写真
CxNFQ0iUcAAcSsZ.jpg
しーちゃん、元気そうで何よりであります!

*ステージ写真は、音楽ナタリーのレポートより拝借いたしました。ぜひそちらもご覧ください。
nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

さくら学院祭☆2016 @舞浜アンフィシアター 2016年11月12日 [さくら学院]

それまでの真冬の寒さがウソのような超絶ポカポカ陽気の週末、さくら学院の秋の恒例行事、学院祭に行ってきましたよ。
IMG_4698.JPG
場所は舞浜アンフィシアター。夢の国に隣接する、半円形の舞台をすり鉢に円弧状に配置された座席から見るという素晴らしいホールです。傾斜がけっこうあるので見やすいし音も素晴らしく良い。
ただ、取れた席番がイマイチでして、初日は上手端っこの20列目。2日目は下手端っこの16列目という悲しい現実…

席に着くと、視界はこんなであります。まあ悪くはないけど良くもない。
IMG_4703.JPG
授業開始のチャイムが鳴り「目指せ!スーパーレディー」からスタート。
美澪奈が顔がウルサイネタになってたり、めぐのセリフが3本の矢になってたり、転入生の緒心(つぐみ)の新喜劇やぶりっ子の何が悪いんですかの萌々穂(ももえ)、そして訛りキャラゆずみが新たに追加され、森先生の筆が冴え渡った今年度の新しいスーパーレディーになりました。そう、まさしく倉島レボリューションが起きてます。

そこから「School days」と「Hello! IVY」を続けて。
ひたすら藤平華乃を目で追ってました。遠いのでちょっと目を離すとどんどんポジションが変わるせいで見失う。必死こいて探すの繰り返し。
誰かがソロを歌うときや、幾つかのグループに分かれていて一つのグループが歌うって時に、他のメンバーが静止する振り付けが良くあるのですが、彼女は何故か片足を上げた状態で止まることが多い。その時に、全くぶれないのですよ。
直前まで動いていて、すっと片足を上げた状態で止まる。それもピッと。そしてまたそれまでと全く変わらず動く。
動きの連携もとてもスムーズで綺麗。もう個人的にべた褒めです。

小芝居を挟んで部活動。さくら学院の部活動とはグループ内ユニットのことです。

まず最初に登場したのは帰宅部SLEEPIECE。大賀咲希が卒業してしまったので1人足りません。
そこを埋めたのは~


藤平華乃でありました!!

人選のオーディションでいろんな物語があったようで、その辺を小芝居で演ってましたが、咲希ちゃんの後釜は華乃ちゃんしかありえない!
CpksNzvVIAAFAEl.jpg
もう私情入りまくって大興奮しております。
news_xlarge_DSC_8842.jpg
ところが、曲が始まると彼女にトラブルが起きました。それに必死に対処しながらも、ポジションチェンジは忘れず、手は無理だったけどフリもできるだけやって、なにより笑顔を崩さずちゃんと復帰したのは素晴らしかった。
年齢のことを言われるのは彼女にとっては不本意だと思いますけど、並の小学6年生の心臓ではないし、絶対やり遂げるというプロ根性を見せてもらいました。
彼女の部活動デビューでこんな事故が起きて一番悔しいのは本人だろうと思うけど、次はぜひ!
そして、あとのMCのときに、あやまる彼女を励ますメンバーがとても素敵でした。

それから、すでに活動しているクッキング部ミニパティを挟んで購買部。

有友緒心(つぐみ)が購買部に正式入部しました。これまで仮入部だったのだけど、なんで仮だったのかは不明。
ステージに出てくるときの「みなさ~ん、購買部からのお知らせで~す!」のセリフが、しーちゃん(今年卒業した白井沙樹)の声に聴こえてドキドキしました。
それ以降緒心の声を意識して聴くようにしたのだけど、低域のふくよかな感じがしーちゃんに似てないこともない。けど、やっぱりかなり違っていて、あのセリフは昔の録音のままなのではないか疑惑がワタクシの中で生まれました。真相は如何に!
で、緒心は商売繁盛のハッピを着て手にはソロバンという、完璧にお笑い担当の地位をゲットしたみたいです。
news_xlarge_DSC_8936.jpg
物販紹介でイッパイイッパイの吉田爽葉香と「ほ~~い」とすっとぼけた緒心の小6コンビはオモシロ可愛いすぎて耐えられません。

2016年度のこれまでの振り返りビデオが流れた後、何故か山出愛子ひとりがステージに登場。
そして、ステージど真ん中のせり上がりからグランドピアノが上がってきました。
なんと山出愛子ソロのピアノ弾き語りです。
news_xlarge_DSC_9950.jpg
演ったのは、AIさんの「ハピネス」。難易度高いです。しかもピアノのアレンジがやたらと難しいリズムにしてあって、すごく高い壁だったと思うのですが、立派にやりきりました。
中2ということを考えれば、もの凄いことを達成したと思います。原曲は、ねっとりと力を入れて歌い上げるような曲ですが、すごく素直な全く違う歌い方だったのもとても良かった。このまま伸びていって欲しいなぁ~

今年は演劇志望の娘のためには芝居「秋桜学園」。モデル指向のメンバーには課外授業と称する外部での活動。そして、歌手志望の愛子には、このステージを用意したのでしょうか…
なんだか3人共引退しちゃった2015年度ショックが、さくら学院の目的をより明確化したような感じで良いことですね。父兄にとって良いかどうかは分かりませんが…

そして、毎年恒例目玉企画のサクラデミー女優賞が始まりましたが、こればかりは現場行ってないとその威力はご理解いただけませんので省略。
ただ、一つだけ言えるのは、去年は照れが出ちゃうメンバーもいましたが、今年は全員が芸達者。秋桜学園効果は凄かったというか、その裏でどれだけ大変な思いをしてきたのかが鈍感なワタクシにも分かってしまうぐらい全員のレベルが高かったということであります。なかでも転入生の中1新谷ゆづみの凄さががが

おかげで和んだ、というよりも興奮した状態で今年の新曲「Melodic Solfege」。フルのダンスバージョンのお披露目です。
賢くなれるシリーズ第8弾は、クラシック音楽の巨匠と代表曲が覚えられちゃうという曲で、昔のプログレ組曲風に脈絡なく旋律が引っ付いているという難解な作りとなっております。
よく切替部分の音とリズムを取れるなぁと思うのですが、これ必死に聴き込まないと覚えられない…
しかもダンスがこれまた凄い。チャイコフスキー楽章の間奏では岡田愛のソロダンスがあって、得意のバレエの技を繰り出してきました。けど卒業しちゃったらどうするんだろ?

それから、「Pumpkin Parade」。今回も華乃ちゃんがかぼちゃ役でした。
去年落っこちちゃったからか、今回は降りる時にすごく慎重にやってました。

MCタイムを挟んで「FLY AWAY」
この曲のイントロのところの腰に手を当てて左右を向くトコと、Aメロでのヘコッヘコッっていう振り(謎ですよねw)が大好きなのであります。

続けて「オトメゴコロ。」
始まった途端に違和感!イントロのギターの音が違ってる。
リズム隊が前に出てきて、伴奏が4人バックバンドが付いたような完全なロックチューンになっていました。そのせいかメンバーの歌もチカラが入っていていつもと違ってた。ソロ部分がちょっと力み過ぎな気もしたけどw
こういう変化はいいですね!さくらの楽曲ってアレンジも素晴らしいので、それが生演奏に近づいていくと感動がより高まる気がします。将来は楽団付けて欲しいなぁ~、絶対やって欲しいなぁ~

そして「Friends」やって本編終了。

アンコールは、「未完成シルエット」からですよ!あ~もう最高です。
この辺から感情ミルフィーユがぐちゃぐちゃに・・・

続いて「キラメキの雫」。聴きたかったけど聴きたくないという複雑な爺ゴコロ。
15年度の曲「キラメキの雫」は、新しい声で一新されていました。なんだかぽろぽろ涙が出ちゃってちょっとつらいキラメキでした。

2日めに続く…


さくら学院祭☆2016 @舞浜アンフィシアター 2016年11月12日セットリスト

01.目指せ!スーパーレディー
02.School days
03.Hello!IVY
 寸劇
04.走れ正直者(帰宅部sleepiece)
05.しゃなりはんなりどら焼き姫(クッキング部ミニパティ)
06.ピース de Check!(購買部)
07.ハピネス(山出愛子ピアノ弾き語り)
08.Melodic Solfege
09.Pumpkin Parade
10.FLY AWAY
11.オトメゴコロ。
12.FRIENDS

ENCORE

E1.未完成シルエット
E2.キラメキの雫


さくら学院のステージでは初めての集合写真
CxET9ZaUoAAK9hX.jpg
あの~、画角が狭すぎであります( ;∀;)


*ステージ写真は、音楽ナタリーのレポートより拝借いたしました。ぜひこちらもご覧ください。
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
前の3件 | -