So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

今年もありがとうございました [音楽]

朝、犬の散歩をしていたら雪が舞ってました大晦日、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

ワタクシは、29日に行ってきたPink Floydトリビュートバンドの「原始神母」のものすごさにがっつり影響されて、ずっとPink Floydを聴いておりますよ。
DSN-1M4VoAUimS0.jpg
六本木EX THEATERで行われたライブは、第1部がシド・バレット特集を40分。休憩を挟んで第2部がアルバム「狂気」全曲を含む黄金時代のセットリスト150分にアンコールという3時間半近くの長丁場でしたが、そのド迫力に圧倒されてあっという間に終わってしまいました。

リーダーの小暮のシャケさんをはじめとして、Pink Floydが好きでしょうがないプロフェッショナルが集結して本気でやるとこんなことになるのか!という驚き・・・スタッフさん達も超本気(マジ)で!着座で1000人も入る箱が笑顔で満杯で!何度も何度も視界が歪んでしまいました。


https://www.youtube.com/watch?v=qqBIpdtTiw8
今年も幾つかのライブに参戦しましたけど、最後の最後に一番すごいの観ちゃったって感じです。

DSN-1M8UIAArMml.jpg
来年3月20日に「原始神母」から独立した「夜明けの口笛吹き」というバンドのライブがあります。(メンバー同じだけどw
シド時代が大好きな方、いかがでしょうか。

フロイド聴くと限りなく沈んでっちゃいますが、もっとズブズブ沈んでしまいましょう。なにやらきな臭い今年はこの曲で〆ることにいたします。


https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=zfJI1W-xVU4
さて、今年も音楽にドップリひたれて、バイクにも乗れて幸せな1年でございました。
ごくたまにしか更新されない辺境のブログにきていただきましてまことにありがとうございました。
皆様におかれましたは、来る1年が素晴らしい年でありますよう、こころより祈念しております。

追記:シャケさんのブログが公開されました。写真が沢山載ってますので、少しでも雰囲気が伝われば・・・
http://www.psychodelicious.com/blog.php?no=1009
nice!(13)  コメント(10) 
共通テーマ:音楽

デイキャン@彩湖・道満グリーンパーク [キャンプ]

超久しぶりの「キャンプ」カテゴリーの記事でありますよ。
最後のキャンプが2015年の3月だったので、2シーズン音沙汰なしだったこのコーナーですが、ようやくの復活であります!

なにしろ輸送機(R1100RS)の車検が切れちゃって久しく、先日エンジンかけたらどっかからガソリン吹き出しまして・・・(^^ゞ
それもあって発動したGSX-Rツアラー化計画も順調な進捗でありまして、ついに冬キャンのテストまで漕ぎつけましたよ。

テストといえばここ!
IMG_5915.JPG
彩湖・道満グリーンパークであります。なつかすぃ~
GSX-Rで運べるように幕も新規購入。とはいっても参天にはしたかったので、それほど小さくも軽くもないのでありますが・・・メガホーンIIIにしました。
IMG_5916.JPG
さくさくと設営して、これまた久しぶりの薪ストに新規2m煙突もセット。
IMG_5924.JPG
完成であります!
IMG_5926.JPG
テントは中華製ですがどこも問題なし。それどころかいたれりつくせりですよ。しかも結構な強風ですがしっかり耐えてます。

いまいち美しくないのだけが欠点なんだよな・・・

しかし、途中のホームセンターで買ってきた薪がビニール袋がびっしり結露するぐらいめちゃくちゃ湿ってやがって、ちょっとやそっとじゃ火が着きゃしない。バーナー持ってきてて良かったよ。
ようやく着火したころには昼を越えてて、時間切れでまたまた積んで帰るのがいやなので、3.5kgをがんがん燃やします。
IMG_5936.JPG
暑いのなんのって・・・(^^ゞ
IMG_5939.JPG
いやでも久しぶりの火遊びはホントに楽しかった~
IMG_5941.JPG
こちらが輸送機に変身しつつあるGSX-R君でありまして、今回は顔がでかくなりましたw
スクリーンをゼログラビティのコルサTYPE-2に換えました~
beforeとafter
IMG_5889.JPGIMG_5895.JPG
まだ高速走ってないから、効果の程は不明(^^;
IMG_5943.JPG
というわけで、また荷物を満載して撤収。
サイドバッグは、TANAXツアーシェルケースMFK-196ってやつ。傷が付きそうなのでテール周りを透明テープで養生すればピッタリ装着できました。

あとは、寝るための装備を追加すればキャンプできるのでありますが、これだけ載せるとぜんぜん曲がらなくなってて、朝うちの前の路地から最初のT字路に出るところで危なく張り付くところでしたw
マジでリアのイニシャルいじらないと危ないレベル(^^ゞ
nice!(10)  コメント(6) 

GSX-R750のハンドル交換 [GSX-R750]

首やら肩やらが痛いんですよ!このバイク。
最初から分かっていて、何故にこのバイクに乗っているかと申しますと、尻の肉が薄いからw
前傾だと腿で乗るので尻は痛くならないのであります。しかし、それを差し引いてもキツすぎる。肩が凝ってツーリング終盤には頭痛が痛い。
これを解決する方法はただひと~つ!


ハンドルのほんのちょいアップ


というわけで、もう何年もずっと考えてきたのでありますが、なかなか踏み出せなかったのは、果たして左側のグリップが抜けるか?という心配があったからでありまして、ホンダ製のスポーツグリップヒーターって土台はプラなので伸びないのでありますよ。
それにもかかわらず、付けたときには交換するなんてことはこれっぽっちも考えていなかったわけでありまして、セメダインXIIをボテッと塗りまくってあるのであります。
しかも、グリップを抜かないとクラッチステーが取れないという・・・(^^;

しかし、このところの近場ツーリングでいよいよなんとかしないとコレにはもう乗れないと決心がつきました。
で、ポチッと・・・

やってきたのは、
IMG_5823.JPG
「ハリケーン(HURRICANE) セパレートハンドル ジュラルミン 07-GSXR1000 HS1650」
ってやつでして、GSX-R750専用品ではありませんが、人柱報告によるとこれでいけるらしいですよ。何故かGSX-R750にはドイツ製だかのバカ高いアップキットしか存在しないみたいなので、貧乏なライダーとしては当然のごとくこちらを使います。

さっそくグリップヒーターの取り外しに着手いたしましたが・・・

まったく取れそうな気配なし

各種クリーナーを吹きまくりますが、中に入っていかない。先端が尖った細いステン棒をガンガン打ち込んでみますが、これまた途中でひん曲がる。次は熱を掛けてみますが微動だにせず。手のひらがヒリヒリです。
手ではどうにもならんので、でかいウォーターポンププライヤーで思いっきり捻ってみましたが、土台のプラと表面のゴムが分離してきちゃったので、涙をのんでカッターで切り裂きました。ううっ
IMG_5824.JPG
しょうがないので、アマゾンで一式ポチりましたよ。くっそ~

で、ステアリングヘッドを外しまして、無事古いハンドルが撤去されました。
IMG_5832.JPG
ヘッドのロックナットは36mm。こんなバカでかいソケットは持ってないのでもちろん購入。ここの締付けトルクは90N・mですが、解くのがめっちゃ固かった。

ほんで、新しいハンドルの取り付けですが、元と同じ絞り角にしようとするとステアリングヘッドと干渉してしまうので、新品をちょいと削る必要があります。
IMG_5833.JPG
グラインダーでガ~っと削って装着。
左グリップ以外を取り付けていくと、今度はブレーキホースが届かないという問題が・・・
人柱さん達によるとギリギリということでしたが、私のでは全く届きませんでした。センター辺りを止めているゴムブッシュを緩めればよかったかな・・・けどすでにポチったあとw
IMG_5836.JPG
というわけで、またこの状態で中断・・・

ホースが来たので、フルードを抜いて新しいやつを取り付け。やっぱ安全を考えてSWAGE-LINEを選択。
車種ごとに指定長を選べるキットがあります。しかもメッシュホースはねじれちゃうと危険なのですが、ここのは取り付けた後にねじれを取ることができます。ただカシメてあるだけだと、ねじれちゃってるとどうしようもないので、これはよく出来ていると思うのです。
というわけで、GSX-R750キットの25mmロングを取り付けました。
IMG_5844.JPG
ブレーキフルードが全部すっからかんだと、普通のエアー抜きは出来ません。なので一番遠いキャリパーのエア抜きから注射器でフルードをブッシュ~しました。
タンクにある程度溜まったら、今度はタンクにフルードを満杯に足してからエアを抜いて行きます。
そうするとあっちゅう間に・・・とはいかないけれども時間は短縮します。
しかし、このキャリパーのエア抜きプラグって裏側に付いているんですよ。ありえないでしょ?むちゃくちゃやりにくい。
性能はいいのに、必ずアホなところがある!これ絶対イタリアっぽいよなぁ~と思って調べたら、ブレンボってやっぱりイタリアのメーカーだったw

キャリパーをつけたり外したりしてようやくエア抜き終了。最後にエンドにウェイトを装着しようとすると、これまたはまらないのであります。このハンドルの内径は14mmしかない。なんでこんなところで独自色を出すんだろうね(^^; 
新しいのを買うのも癪なので、今まで使ってたやつのハンドルにハマるゴム部分をカッターでカット。かなり径をちっちゃくしてから叩き込みまして、なんとか取り付けました。

    -----------------------------------------------------------

専用品ではないのであれこれとやらねばなりませんが、リーズナブルだしスイッチボックスを固定する穴は開いているし、フルードのタンクのステーも付属しており、750や600のGSX-R乗りの救世主ではないかと思います。
IMG_5847.JPG
根本でたった2cmエンドで4cmUPですが、身体がすごく起きてる感覚があります。手首もすごく楽ちん。これなら首は痛くならなそうな気配濃厚です。しか~し今度はスクリーンが低すぎる気がしてきたチョイ乗りの感想でした~

一応、Before→Afterを載せておきましょうか。
IMG_5828.JPG
IMG_5851.JPG
一旦イジり始めるとキリがない法則に嵌りそうなよか~ん(^^;
nice!(18)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク
前の3件 | -